生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(IPBES)アセスメント説明会

2018年5月24日(木)、公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は、生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(IPBES)が実施する「グローバルアセスメント(地球規模評価)」報告書案の外部レビュー、ならびに「自然とその恵みに関する多様な価値観の概念化に関する方法論アセスメント」及び「野生種の持続可能な利用に関するテーマ別アセスメント」の専門家公募について、ご関心をお持ちの専門家・研究者又は環境関係団体などの方を対象とした説明会を開催しました。

日 時

2018年5月24日(木)10:00-12:00

場 所 IGES 東京サステイナビリティフォーラム »アクセス
(東京都港区西新橋1-14-2 新橋SYビル4F)
主 催 公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)
使用言語 日本語
参加者数 33名
プログラム
1 IPBESアセスメントの概要と専門家の役割
  • 岡安 早菜(IPBESアジア・オセアニア地域アセスメント技術支援機関)
  • 白山 義久(海洋研究開発機構(JAMSTEC)特任参事)
  • 橋本 禅(東京大学大学院農学生命科学研究科准教授)
 
  • PDF  (1.9MB)
  •  
  • PDF  (2.4MB)
2 グローバルアセスメントの外部レビューについて
  • 香坂玲(東北大学大学院環境科学研究科教授)
 
  • PDF  (2.5MB)
3 新規アセスメント専門家公募について: 「自然とその恵みに関する多様な価値観の概念化に関する方法論アセスメント」及び「野生種の持続可能な利用に関するテーマ別アセスメント」
  • 八木 信行(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)
  • 高橋 康夫(IGES自然資源・生態系サービス領域研究員)
 


  • PDF  (1.1MB)
  • PDF  (465KB)
4 質疑応答
配布資料
資料1 環境省報道発表資料「⽣物多様性及び⽣態系サービスに関する政府間科学-政策 プラットフォーム(IPBES)の専⾨家公募について」(2018年5月8日)
資料2 IPBES notification ~グローバルアセスメント外部レビュー
資料3 Scoping report for a global assessment on biodiversity and ecosystem services
資料4 IPBES notification ~新規アセスメントの専門家公募について
資料5 Information on the scoping for the methodological assessment regarding the diverse conceptualization of multiple values of nature and its benefits, including biodiversity and ecosystem services
資料6 Information on scoping for the thematic assessment of sustainable use of wild species
写真

ページの先頭へ戻る