持続可能な都市 (北九州アーバンセンター)

北九州市ラブアース・クリーンアップ2015に参加

2015年5月31日(日)に北九州市若松区岩屋海水浴場で開催された「ラブアース・クリーンアップ2015」(主催:北九州市、東アジア経済交流推進機構)にIGES北九州アーバンセンターの職員・家族総勢10名が参加、北九州市の各企業・団体から参加した1,200名以上とともに、海岸の漂着物などのごみを拾いました。

このイベントは、北九州市「“クリーン北九州”まち美化キャンペーン」及び東アジア経済交流推進機構「日中韓10都市海岸クリーンアップ事業」の一環として行われているもので、“我々は一つの海でつながっている”をテーマに、毎年世界環境デー(6月5日)の前後にクリーンアップ事業に参加している各都市でも実施されています。海岸は一見きれいに見えましたが、ごみが砂に埋もれていたり、周辺の藪の中に散乱していたりと、約2時間の清掃活動で回収されたごみは合計4,950kgにも上りました。この結果は日中韓10都市の間で共有されるとともに、今後も「一つの海」を協働して綺麗にしようとする活動が続けられる予定です。

日時 2015年5月31日(日)9:30~11:00
場所 北九州市若松区岩屋海水浴場
主催 北九州市、東アジア経済交流推進機構
参加人数 1,266名
ゴミ回収量 4,950kg
写真
活動写真

ページの先頭へ戻る