持続可能な都市 (北九州アーバンセンター)

ASEAN「環境的に持続可能な都市」(ESC)モデル都市プログラム事業 (第2フェーズ)がスタート

2011年4月、日ASEAN 統合基金(JAIF)の資金支援により実現した本プログラムは、ASEAN ESC作業部会(AWGESC)が中心となるASEAN地域でのプログラムで、ASEAN 事務局とIGES が共同で事務局を務めています。

本年5月、タイ・プーケットにて第2フェーズ・インセプション・ワークショップを開催しました。ASEAN事務局ほか、関係7カ国から約50名が出席し、各国からのESCモデル事業提案及び事業予算配分等について協議を行いました。これを受けて各国政府から選定された対象都市においてモデル事業が実施されることになります。

日時 2014年5月29日
場所 タイ、プーケット
参加者 ASEAN事務局、関係7カ国より約50名
関連リンク 「ASEAN 環境的に持続可能な都市(ESC)モデル都市プログラム事業」ついて(英語)

ページの先頭へ戻る