持続可能な都市(北九州アーバンセンター)

JICA委託研修事業「NAMA/MRV(低炭素都市計画策定)能力強化」コースを北九州市で開催

北九州アーバンセンターでは、アジア自治体における低炭素型で持続可能な都市づくりを支援しています。

その活動の一環として、2013年6月17日(月)から7月5日(金)までの3週間、JICA委託研修事業「NAMA/MRV(低炭素都市計画策定)能力強化」コースを北九州市で開催しました。

研修では、JICA招聘による3カ国からだけでなく、長年にわたる技術協力関係のあるインドネシア・スラバヤ市、タイ・ノンタブリ市とピサヌローク市、ベトナム・ホーチミン市の4都市からの招聘者も加えて、総勢5か国15名の国と自治体の行政職員方々を対象にした人材育成プログラムを行いました。

研修の開催場所である北九州市には、民間企業や行政、市民による公害克服、環境改善、低炭素化の取り組みの事例が多く蓄積されています。この経験に基づく知識は、今まさに、同様の環境課題を抱える国内外の自治体に望まれているところです。研修では、各界でご活躍の方々が講師を務めるとともに、北九州市の事例をもとにした多岐分野にわたる事例を概観できる教材を提供しました。

今後は、研修後のフォローアップとして各都市でワークショップを開催して、GHG削減量の定量評価を通じたアジア自治体の低炭素都市づくり係る持続的な支援を行っていきます。

日時 2013年6月17日(月)~7月5日(金)
研修員

国及び地方自治体の行政職員
5か国15名 インドネシア(4名)、モザンビーク(1名)、モーリシャス(2名)、インドネシア・スラバヤ市(4名)、タイ・ノンタブリ市(2名)とピサヌローク市(2名)、ベトナム・ホーチミン市(2名)

目的

1) 都市の低炭素化とは何か、北九州市の具体的な事例を通じて考える。
2) グループ討論や課題演習を通じて、自国での活用を検討する。自治体の役割、自治体ができることについて考える。
3)低炭素のまちづくりに向けての第一歩となるアクションプラン(行動計画)を提案する。

特徴

1)北九州市の公害克服、環境改善、低炭素化の取り組み等、事例を教材として、エネルギー、廃棄物、上下水、緑地、住民参加、国際協力など、低炭素都市計画に係る多岐の学術分野を概観。
2)JICA及び環境省の事業を連携。
※インドネシア(2)、タイ(2)、ベトナム(2)の6名は環境省「平成25年度二国間オフセット・クレジット制度等の実施に向けたアジア地域におけるMRV体制構築支援事業委託業務」にて、またタイ(2)の2名はアジア太平洋地球変動研究ネットワーク研究予算にて招聘。
3)教材作成・講師・講義の場づくりは、研究機関・大学、行政、民間の団体・企業、市民による協働。
民間団体:㈱アットグリーン、アミタホールディングス㈱、環境テクノス㈱、住金テクノロジー㈱、㈱ジェイペック若松環境研修所、NPO法人里山を考える会
行政:北九州市(環境局・建築都市局・建設局・上下水道局、環境ミュージアム、響灘ビオトープ)
研究機関:IGES、㈶日本エネルギー経済研究所、国立環境研究所、北九州学術研究都市

プログラム 詳細はこちら»(241KB)
研修の様子

ページの先頭へ戻る