神奈川県から見る気候変動
~私たち一人ひとりができること~

気候変動によるリスクを低減するためには、石油などの化石燃料を極力使わないよう、脱炭素社会へ転換する必要があるといわれています。しかし、その転換は容易ではありません。

気候変動が引き起こされる原因や影響を知ることによって、なぜ脱炭素社会への転換が必要なのか、またその実現のために私たち一人ひとりができることは何かなどについて、神奈川県から見た現状や将来への展望も交えながら考えるセミナーを、神奈川県と公益財団法人地球環境戦略研究機関の共催で開催しました。

日 時 2018年2月15日(木)14:00~16:20
場 所 地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ) 映像ホール(5F)»アクセス
JR根岸線「本郷台」駅 改札出て左すぐ
参加者数 70名
主 催 神奈川県
公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)
プログラム
講演① 「気候変動はなぜ世界的脅威であり、脱炭素社会が必要なのか?」
(公財)地球環境戦略研究機関 西岡 秀三 参与
PDF  (2.0MB)
講演② 「都市、市民は気候変動にどのように対応したらよいのか?」
(公財)地球環境戦略研究機関 都市タスクフォース 藤野 純一 プログラムディレクター
PDF  (3.3MB)
講演③ 「神奈川県の地球温暖化への取組」
神奈川県 環境農政局 環境部 環境計画課 副課長 塚本 俊治
PDF  (1.3MB)
写真

ページの先頭へ戻る