地域発の未来の形
~国との連携で進める地域版2度目標に向けた取り組み

公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)は、11月24日(金)に環境省との共催、一般社団法人 イクレイ日本の協力により、セミナー「地域発の未来の形~国との連携で進める地域版2度目標に向けた取り組み」を開催します。

パリ協定の着実な実施のためには、地域の特性に応じた効果的な地球温暖化対策を進めていくことが重要です。本セミナーでは、地方自治体や有識者を迎え、各地域における2度目標を達成するための再生可能エネルギーや省エネルギーの取組や課題について知見を共有し意見交換を行うとともに、将来展望について議論を深めます。

日 時 2017年11月24日(金)13:00-17:30(受付12:30より)
場 所 コクヨホール(品川駅港南口徒歩5分)»アクセス
言 語 日本語
定 員 200名程度(事前申込・先着順)
参加費 無料
主 催 環境省
公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)
協 力 一般社団法人 イクレイ日本
申し込み
申込みフォームはこちら
事前申込制となります。参加ご希望の方は、上記のオンラインフォームよりお申込みください。お申込完了後、ご登録いただいたメールアドレス宛に【参加票】が自動送信されます。
【参加票】が届かない場合は、outreach-info@iges.or.jpへご連絡ください。
申込み締切 2017年11月16日(木)
*申込者数が定員に達し次第、締め切らせて頂く場合がございます。
プログラム
第1部
13:00-13:05

開会挨拶:環境省

13:05-13:20

話題提供「COP23と自治体の躍動」

  • 一般社団法人 イクレイ日本 理事長 浜中 裕徳
13:20-13:30

話題提供 環境省の取組について 環境省

 
13:30-14:00

市長鼎談「パリ協定と自治体のイニシアティブ」

<進行役>
  • 一般社団法人 イクレイ日本 事務局長 大塚 隆志
<登壇者>
  • 札幌市長、小田原市長、【調整中】
 
  休 憩  
第2部 ―テーマ別セッションー
14:30-15:15

データに基づくCO2削減対策

<進行役>
  • 株式会社 住環境計画研究所 研究所長 鶴崎 敬大
<登壇者>
  • 公益財団法人自然エネルギー財団 気候変動グループマネージャー 西田裕子
  • 環境省、札幌市、横浜市
15:15-16:00

金融手法や行動科学を活用したまちづくり

<進行役>
  • 日本政策投資銀行 執行役員 竹ケ原 啓介
<登壇者>
  • グリーンファイナンス推進機構 常務理事 田吉 禎彦
    東京都、さいたま市
16:00-16:45

地域新電力を活用した地域経済活性

<進行役>
  • 京都大学 大学院経済学研究科/地球環境学堂 教授 諸富 徹
<登壇者>
  • 京都大学 プロジェクト研究員 稲垣 憲治
  • IGES 北九州アーバンセンター 客員研究員 冨永 聖哉
    小田原市
16:00-16:45

パネルディスカッション テーマ別セッションまとめと今後

<進行役>
  • IGES 都市タスクフォース プログラムディレクター 藤野 純一
<登壇者>
  • 環境省、各セッション進行役
    一般社団法人 地域政策デザインオフィス 代表理事 田中 信一郎
17:25-17:30 閉会挨拶:IGES
資料に関して

当日資料については、11月22日(水)を目処に当ページに掲載いたします。 傍聴に当たっては、当ページに掲載された資料をお持ちのノートパソコン・タブレット等の端末に保存の上、当日ご持参いただく等、ペーパーレス化へのご協力をよろしくお願いいたします。

なお、会場から環境省ホームページにアクセスし掲載された資料を閲覧される場合には、ご自身で通信環境をご用意いただくようお願いします。

ページの先頭へ戻る