出版物

7401件中 11~20件 (日付順)
プレゼンテーション
Workshop on COP 27 Article 6 update and its implication on JCM implementation

The presetation was given at the workshop on COP 27 Article 6 update and its implication on JCM implementation in Mongolia. It explains participating requirements for Article 6.2 cooperative approaches and necesary domestic arrangements for countries to fully participate in and utilize Article 6. 

ブリーフィングノート

 2022年11月、エジプト・シャルムエルシェイクで開催された気候変動枠組条約(UNFCCC)第27回締約国会議(COP27)において、第1回グローバル・ストックテイク(GST)の第2回技術的対話と交渉会合が開催された。

 2022年6月に実施された第1回技術的対話ではパリ協定の実施におけるギャップや課題が多く特定された。第2回技術的対話ではこうしたギャップや課題はどのように埋められるかが議論の焦点であった。交渉会合では2023年のCOP28で実施される「成果物の検討」フェーズに向けた準備に関する議論に注目が集り、2023年に2回の追加会合を実施することが合意された。

 IGESはGST成功の鍵の1つとして非政府アクターのGSTへの関与の重要性を強調してきた...

ファクトシート

2021年末までの日本のグリーンボンドの発行累積総額は373.3億米ドル (4.39兆円)に上り、この額はグローバル国別ランキングで11位である。また、2021年単年でみると、グリーンボンドの発行額は114億米ドル(1.27兆円)に上り、この額は2021年国別ランキングで5位となる。グリーンボンド以外でも、日本のソーシャル及びサステナブル・テーマ債の市場は全体的に増加傾向にあり、特にサステナビリティ・リンク・ボンドは引き続き発行額の増加が期待される。
また、環境省、金融庁、経済産業省、日本銀行等も様々なグリーンファイナンス関連政策を打ちだしているが、本レポートでは、2021年、及び、2022年1月-8月の間に発表されたグリーンファイナンス関連政策についても概要も示している。

キーワード:
プレゼンテーション
Regional Workshop on Climate Vulnerability Monitor: Focus on East Asia

East Asia has unique regional demographic and socioeconomic characteristics that put the adaptation in the region with more public good benefits. The findings of the Climate Vulnerability Monitor 3 should be read from the perspective of the region's unique characteristics. The findings affect the region by bringing trends that the region has not...

広報物
The Japan Times Sustainability Roundtable
著者:
Rowbury
Ross
Sammouri
Nader

How blind are we to things too big to see directly? Take the environment — why should people care? Our muddled perceptions can make it grueling to find the right balance between individual well-being and conservation of nature. Falling biodiversity — the variety in the life around us, from microbes on up — has severe repercussions for human well...

キーワード:
査読付論文
PLOS ONE所収
著者:
Nujaira
Hafeza
Prasad
Kumar Arun
Yunus
Ali P.
Kharrazi
Ali
Gupta
L. N.
Kurniawan
Tonni Agustiono
Sajjad
Haroon
Avtar
Ram

Despite Bangladesh being one of the leading countries in aquaculture food production
worldwide, there is a considerable lack of updated scientific information about aquaculture
activities in remote sites, making it difficult to manage sustainably. This study explored the
use of geospatial and field data to monitor spatio-temporal changes in...

その他アーティクル
内側から見た中国最新環境事情 第75回/December 2022 Global Net Series所収

地球・人間環境フォーラムの月刊環境情報誌、「グローバルネット」に地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所所長の小柳秀明が、中国の最新環境事情を現地滞在レポートとして偶数月で連載しています。(コロナ禍により2020年1月より日本滞在)