出版物

8094件中 1~10件 (日付順)
ブリーフィングノート
2022年3月に採択された国連環境総会(UNEA5.2)決議 5/14 「プラスチック汚染を終わらせる」に基づき、プラスチック汚染に関する法的拘束力のある国際約束が策定されることとなり、プラスチック汚染に関する政府間交渉委員会(Intergovernmental Negotiating Committee: INC)において議論が開始された。本稿では、これまで4回開催されたINCでの議論を分析し、残り数か月となったINC5までに一定の結論に至り、かつ、主要生産国や主要排出国の多くも参加する実効的な条約とするための方向性について論じていく。
キーワード:
ワーキングペーパー
著者:
Mitomori
Koji
Nabae
Yuka
Morizane
Junko
Kasuya
Yasuhiro
IGESは、2023年7月に国連ハイレベル政治フォーラム(HLPF)2023の開催期間中に国連本部で実施された第4回「パリ協定とSDGs のシナジー強化に関する国際会議」において、シナジーに関する日本国内の3つの事例をまとめた「 国内における気候変動・生物多様性・SDGsに相乗効果(シナジー)をもたらす取組事例 」を公表した。 2024年4月から環境総合推進費「SDGs達成への変革のためのシナジー強化とトレードオフ解消に関する研究(1-2405)」が開始され、IGESもその一員としてシナジーのケーススタディ収集・分析を進めている。今回はその一環として、長く協力関係を続けているJICAの優良事例について、IGESが開発したシナジー分析のプロトタイプのフォーマットに合うように...
キーワード:
査読付論文
Resources, Conservation and Recycling所収
Integration of solar photovoltaics on croplands (“agrivoltaics”) has been promoted as an environmentally-friendly approach for solar energy deployment. Past studies, however, have not considered that these croplands could alternatively be used as sites for expanding agroforestry, a practice which provides important ecosystem services to the...
ワーキングペーパー
気候に起因する不公正は、将来のネット・ゼロへの移行に伴う重大な経済的・社会的懸念事項であり、グローバルおよび国内の環境政策がより持続可能で社会的に公正であることが求められている。政策立案者が、ネット・ゼロへの移行を公正なものにするためにどのような政策を展開すべきかをイメージしやすくするため、本稿では環境と気候正義のコンセプトについて概説する。且つ、アジアにおける構造的な条件や社会的な課題が国によって異なることを踏まえ、アジアにおける公正な移行のコンセプトの応用可能性について検討する。最後に、アジアにおける包摂的で公正かつレジリエントな社会の原則を中心とした多様な解決策を検討し、地域的・組織的協働による潜在的な実施の機会について論じる。(英語のみ)
データ/ツール
This dataset contains supplementary materials for a journal article entitled "Potential of agrivoltaics in ASEAN considering a scenario where agroforestry expansion is also pursued" (Johnson et al., 2024). The dataset contains maps (polygon shapefiles) of the geographic potential of agrivoltaics on herbaceous croplands in each of the ten ASEAN...
リサーチレポート
The 2030 Agenda for Sustainable Development and its 17 Sustainable Development Goals (SDGs) provide a blueprint for achieving social, economic and environmental sustainability. However, at the midpoint of its implementation period (which runs from 2015 to 2030), progress has been insufficient due to crises such as climate-related disasters, the...
キーワード:
広報物
Poster Presentation at the Workshop on GHG Inventories in Asia (WGIA) in 2024
著者:
Morimoto
Takashi
Fukuda
Maya
The Mutual Learning Program for Enhanced Transparency (MLP) is for pairs or groups of countries and organizations to learn and practice reporting of climate actions, based on each other’s reporting exercises. It also aims to facilitate understanding of how to use this information to track the implementation of NDCs. The output of the MLP can be...
査読付論文
Climate所収
著者:
Bhat
Aaqib Ashraf
Gupta
Saurabh Kumar
Singh
Suraj Kumar
Meraj
Gowhar
Kanga
Shruti
Singh
Saurabh
Sajan
Bhartendu
This study investigated the historical climate data and future projections under the SSP5-8.5 scenario for Jammu, Kashmir (J&K), and its adjoining regions in India. Agriculture is a critical economic pillar of this region, making it highly vulnerable to climate change. This study focused on temperature and precipitation trends. Statistical analysis...