6959件中 1~10件 (日付順)
査読付論文
Water所収
著者:
Nguyen
Duc Cong Hiep
Nguyen
Duc Canh
Tang
Luu Thi
Le
Tan Cuong
Nguyen
Hong Quan

Socio-hydrological approaches are gaining momentum due to the importance of understanding
the dynamics and co-evolution of water and human systems. Various socio-hydrological
approaches have been developed to improve the adaptive capacity of local people to deal with
water-related issues. In this study, a social-hydrological approach was...

ディスカッションペーパー

Our lifestyles, through the impacts of our day-to-day activities such as eating, moving and commuting, heating and cooling our homes, taking work and care responsibilities, and so on, have become major threats to the sustainability of the environment. We are living beyond our ecological means and experiencing both very serious impacts on...

ディスカッションペーパー

私達の日々の暮らしを営む行動、例えば食べる、移動する、家を暖めたり冷やしたりする、家族の世話をする、働くといった行動は、環境のサステナビリティに大きな影響を与える要素の1つである。私達は、地球や地域の環境容量を超えたものを消費し、生物多様性、生態系や気候に取り返しのつかない影響を及ぼしている。それだけではない。現在の私達の暮らしは、社会的な不平等を広げ、心と体の健康を害している。経済発展と都市化が多くの国で続くと予想されるなかで、私達の大量消費型の暮らしを、環境や社会への影響が少ない責任ある暮らしに変えていく必要がある。また同時に、多くの社会において、人々が環境、経済や社会の状況の急激な変化に見舞われ、安定と安全を欠く暮らしをしているということも事実である。私達は...

査読付論文
Mitigation and Adaptation Strategies for Global Change所収
著者:
Duc
Nguyen Hong
Avtar
Ram
Lan
Pham Phuong

Rapid population growth, urbanization, industrialization, and climate change are the key drivers causing serious water pollution around the globe. Considering the impacts of these key drivers, this study employed the Water Evaluation and Planning (WEAP) simulation tool to simulate the future water quality in a nearly 60-km stretch of the Hau River...

プレゼンテーション

2021年9月17日に開催されたる「気候変動ウェビナーシリーズ:「IGES炭素市場トラック「正しいクレジット活用のススメ」 ー第1回~第7回まとめー」でIGES高橋 副ディレクターが発表した資料となります。具体的には、以下のポイントをおさらいしながら、国際的な動向を踏まえた今後のクレジット活用のあり方を解説しています。

1. 炭素市場の全体像とそれぞれの関係性
2. パリ協定第6条の交渉の行方
3. 自主的炭素市場の方向性
4. クレジット活用に向けた論点

ポリシーレポート

本レポートは、2021年6月に発表された生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(IPBES)/気候変動に関する政府間パネル(IPCC)合同ワークショップ報告書「IPBES-IPCC Co-Sponsored Workshop Report on Biodiversity and Climate Change」の和訳を中心に、IGES研究員による解説や関連情報、IPBES及びIPCC関係者による鼎談等を収録したものです。ここには、生物多様性と気候変動への統合的な取り組みの重要性と論点、ならびに今後のIPBESやIPCCなどへの示唆がわかりやすく解説されています。

テクニカルレポート
著者:
ABDEL-AZIZ
Amr Osama
DANILA
Ana-Maria
FEYZIYEV
Toghrul
GLADE
Olia
KHALEEL
Zammath
KINYANJUI
Mwangi James
ORTEGA
Juan Luis Martin
OMAMBIA
Anne Nyatichi
SOOKUN
Anand
YU
Vicente Paolo

This technical summary report presents the results of the technical analysis of biennial update reports of Zambia submitted in 2020, conducted by a team of technical experts in accordance with the modalities and procedures contained in the annex to decision 20/CP.19. The author at IGES (Chisa Umemiya) served as one of the co-leads.

キーワード:
査読付論文
Land Degradation & Development所収
著者:
Umarhadi
Deha
Avtar
Ram
Widyatmanti
Wirastuti
Yunus
Ali
Khedher
Khaled
Singh
Gulab

Full text available at: https://onlinelibrary.wiley.com/share/author/CJXTXC7FFCKFZBJBWH2H?targe…

 

Peatlands in tropical regions like Indonesia are undergoing irreversible subsidence due to changes in land use (e.g., deforestation) and land management practices (e.g., drainage alteration), resulting in massive amounts of soil...

査読付論文
Computers, Environment and Urban Systems所収

Many developing countries in Asia are experiencing rapid urban expansion in climate hazard prone areas. To support climate resilient urban planning efforts, here we present an approach for simulating future urban land-use changes and evaluating potential flood exposure at a high spatial resolution (30 m) and national scale. As a case study, we...

ディスカッションペーパー

温暖化に伴う水害の激甚化を受けて、地方自治体において防災・減災対策と適応策を統合し、適応能力と感受性により構成される脆弱性を低減させることが急務である。しかし、適応能力は多様な社会経済的な要素を含むため、政策上どの構成要素が重要であるかに関する包括的な検討は限定的である。そこで、本稿は、アンケート調査を実施し、地方自治体の現在の防災対策実施状況(ハード・ソフト・転換策の合計44対策)と各対策に関する将来の適応策の必要性認識に基づいて適応能力と感受性の構成要素の重要度を評価した。結果として、重要度が高く評価された適応能力要素は、地域コミュニティの「インフラ」(防災用)、「教育」(自主避難判断力、危険認知度)、「情報」(監視警戒力、情報伝達力)、「コミュニティガバナンス」(避難誘導力)、並びに...