316件中 1~10件 (日付順)
査読付論文
環境技術 (Journal of Environmental Conservation Engineering)所収

本稿では,インド政府が国連気候変動枠組条約に提出したGHG排出削減目標案(INDC)の達成のために、国内的な取組として定めた「国家気候変動行動計画」の計画の1つである「省エネルギー化国家計画」の要となっている省エネ証書取引制度(Perform Achieve and Trade: PAT)と,IGES関西研究センターがインドで取り組んでいる日本の低炭素技術移転の取組を紹介する.

ポリシーレポート
翻訳者:
Kohsaka
Ryo
Hashimoto
Shizuka
Kotani Zusman
Keiko

生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(IPBES)による「IPBES 生物多様性と生態系サービスに関する地域評価報告書:アジア・オセアニア地域」は、生物多様性および自然が人にもたらすもの(NCP2)の重要性、現況および変化に関する既存の知見を厳密に分析するものである。本評価では、生物多様性および自然が人にもたらすもの(NCP)の変化の直接原因と根本要因、ならびにこのような変化が人々の生活の質におよぼす影響を分析する。本評価の最後には、アジア・オセアニア地域において生物多様性および自然が人にもたらすもの(NCP)の減少を抑えるために現在実践可能なガバナンスのオプション、政策および管理方法の組み合わせを特定する。本評価では、陸域...

その他アーティクル
木材情報所収

近年、木材輸入国において、違法伐採対策が法制度化され実施されている。違法伐採対策法の導入の目的は、その国における違法伐採木材製品の輸入、流通を減少させることである。法律の導入からその目的が達成されるまでには、規制対象である木材輸入事業者 が①自身の行うビジネスが法律の対象であることを認識し、②法律の要求を理解し、③法律を遵守することで、最終的に、④輸入先の変更などの行動変化を起こすというプロセス がある。そして、この目的を達成するためには、政府の法律の執行や運用が重要である。本稿では、ドイツとオーストラリアにおける、政府による違法伐採対策法の運用 状況を報告する。ドイツは、規制対象事業者の検査に重点を置き、EU諸国のうち最も積極的で厳しい法の運用を行っている。一方...

ディスカッションペーパー

This report provides a review of national REDD+ readiness processes in PNG, covering a broad range of issues, from features of forest cover, drivers of deforestation and forest degradation, development of the REDD+ strategy, the organisational set up for REDD+ readiness, financing of readiness activities, MRV and REL, and demonstration activities.

ポリシーブリーフ

インドを事例に、水不足が懸念される国における水とエネルギーの相互関係の重要性を長期的な視点から考察しています。そして、それらの国において持続可能な開発を実現する上で、水とエネルギーの問題を統合的にとらえた対策が不可欠である点を指摘しています。

ブックチャプター
気候変動と国際協調~京都議定書と多国間協調の行方所収

新興国の一角を担うインドにおける気候変動政策の取組みや国内意思決定の動きを概観する。社会・経済・政治的背景の整理に基づき、国家開発計画への主流化状況、関連する政策措置の形成、GHG排出削減目標の策定・公表に至る意思決定プロセスや地域共同体におけるインドの役割について論じつつ、目標の拘束性や国際枠組みの範囲といった座標軸に照らしたインドの位置付けや今後の方向性を考察する。

ポリシーブリーフ

 現在アジアの開発途上国では、産業活動の集中がもたらす負の影響に対処するための懸命な取り組みが行われている。産業エコロジー理論の影響を受けた多くの地域では、経済発展を阻害せずに産業の環境負荷を軽減する戦略として、エコタウンやエコインダストリアルパークが推進されている。これらのエコアプローチが採用されているのは、現時点ではまだ都市部を拠点とする従来の製造業に限られているが、製造業を中心とする国々にとっては優れたモデルとなる。
 一方、従来型の製造業だけでなく新たな産業の導入を進めている国の場合は、農村地域、特にまだ自然が残る都市農村境界域に開発のチャンスが秘められている。これらの地域では既に、原材料の供給源と都市部市場への平等なアクセスを目的とした新興産業のクラスターが形成されているが...