330件中 1~10件 (日付順)
ブックチャプター
Climate Change 2014: Impacts, Adaptation, and Vulnerability. Part B: Regional Aspects. Contribution of Working Group II to the Fifth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change所収
著者:
Hijioka, Y., E. Lin, J.J. Pereira, R.T. Corlett, X. Cui, G.E. Insarov, R.D. Lasco, E. Lindgren, and A. Surjan

Warming trends and increasing temperature extremes have been observed across most of the Asian region over the past century (high confidence). {24.3}
Water scarcity is expected to be a major challenge for most of the region as a result of increased water demand and lack of good management (medium confidence). {24.4.3}
The impacts of climate change...

プロシーディングス
International Water Association 1st Specialist Conference on Municipal Water Management and Sanitation in Developing Countiries

Water is an essential and valuable resource for Asian countries, both for daily existence and economic development. However, water degradation is now very apparent, caused by population increase, urbanisation, and economic growth in the region. The Asian region has transboundary water resources, so a regional approach to water quality management is...

その他アーティクル

楽でなくなった中国での暮らしと仕事

環境新聞所収
その他アーティクル

現地滞在レポート第29回~APECブルー~

GLOBAL NET所収
査読付論文

上海市民への防災意識調査から見る意識向上の重要性

東アジアへの視点 北九州発アジア情報所収
著者:
黄臣
ディスカッションペーパー

2014年9月の国連気候サミットにおいて、オバマ大統領が火力発電所に対するCO2排出基準設定の取り組みに言及するなど、米国では火力発電所に対する規制が注目を集めています。本ペーパーでは、米国の規制を概観するとともに、今後の国際交渉や他国の政策への影響について分析しています。

プレゼンテーション
NABARD Consultation Meeting

This presentation introduces the Vulnerability and Capacity Assessment Index (VCAI) developed for NABARD as a national implementation entity for implementing Adaptation Fund projects. The presentation takes the participants through the concept of vulnerability, literature related to related assessments and tools and distills necessary design...

その他アーティクル

「緑の贈与制度」を実現し、地球温暖化防止と地方創生の起爆剤に!

第三文明所収
ディスカッションペーパー

2014年11月12日、米中首脳会談後の共同声明において、米国と中国が、以下のような温室効果ガス(GHG)の排出削減目標を発表した。
o 米国:2025年までにGHG排出量を2005年比で26~28%削減
o 中国:2030年頃までに、なるべく早い時期にCO2排出量を頭打ち(ピークアウト); 一次エネルギー消費における非化石燃料の割合を2030年までに約20%
 本稿では、米中の2020年以降の温暖化対策目標について、既存文献で示される両国の排出経路シナリオと比較することにより、目標の野心度についての評価を行った。評価するに当たり、気温上昇2℃未満抑制に向けた排出経路との整合性、及び目標達成のための追加的な努力の必要性、という二つの評価軸を用いた。前者は環境十全性の視点から評価であり...