11件中 1~10件 (日付順)
ポリシーブリーフ
資源生産性・資源効率に関する最近のG7ドイツ・エルマウサミットでの議論やEUの資源効率政策について概観し、こうした国際動向の社会経済的な意味や今後の日本の社会経済に与える影響、そして日本が今後進むべき方向性について考察しています。
委託報告書

平成27年度日本の低炭素技術普及に資する国際セミナーへの参画事業 報告書

著者:
プレゼンテーション

欧州におけるWEEE回収システムに関する現地調査報告

平成27 年度国際比較を踏まえた廃電気電子機器等の 3R 高度化に向けた検討会
委託報告書

Green Economy Sector Study on Agriculture in Kenya

著者:
UNEP
プロシーディングス
編者:
Hermann E. Ott
Karin Holl
"Climate Policy 2005 and Beyond: Japanese-German Impulses" was held on 1 November 2005 in Tokyo as part of the events taking place during the Germany year in Japan 2005/2006. This conference, commissioned by the German Federal Ministry for the Environment, Nature Conservation and Nuclear Safety (BMU) was co-organised by the Wuppertal Insititute for...
キーワード:
プロシーディングス
Proceedings of the International Workshop on "Business and the Environment" 2005 on 22 November, 2005. In Japanese.IGES関西研究センターは、財団法人兵庫県環境クリエイトセンターとともに、日本におけるドイツ年事業の一環として、2005年11月22日に、2005年度「産業と環境」国際ワークショップをJICA兵庫国際センター(神戸市内)で開催した。今回のワークショップでは、ドイツからのゲストスピーカー2名、日本から研究者3名による、合計5つの発表が行われた。また、総括セッションでは、日独の循環ビジネスにおける現状と今後のあり方について活発な議論が展開された。ドイツ側の報告では...