103件中 1~10件 (日付順)
査読付論文
環境経済・政策研究所収
本稿は,ガーナ,インドネシア,ベトナムの3 カ国でプラスチック汚染対策のためのステークホ ルダー協働の制度化に,「中心的なアクター」と しての役割を果たしたと考えられるナショナル・ プラスチック・アクション・パートナーシップ (NPAP)について,著者らが実施した調査・分析 に基づいている(Asokan et al., 2023).NPAPは, 世界経済フォーラムのイニシアティブであるグ ローバル・プラスチック・アクション・パート ナーシップ(GPAP)の一環として各国単位で形成 されたイニシアティブである.本研究の目的は, このNPAPの事例を通じて,プラスチック汚染対 策のステークホルダー協働の仕組みについて分析 し,現在合意に向けた交渉が行われているプラス...
レポートチャプター
The Climate Technology Progress Report 2023 所収
著者:
Ting
Marie Blanche
Larsen
Hendrik
Somavilla
Lucas
Thinphanga
Pakarnas
Understanding institutional settings and governance processes is critical to the effective delivery of climate technology solutions for low-carbon and climate-resilient development in Asian cities. Creating the appropriate enabling environment for the development and transfer of climate technologies becomes imperative in this context. This requires...
テクニカルレポート
兵庫県では2020年度から「ひょうご高校生 環境・未来リーダー育成プロジェクト」を開催しており、 青森県でも昨年度から「青森県から日本・世界の環境・ エネルギー問題を考える地元高校生向けワークショップ」 が始まった。これらは2050年の脱炭素社会の実現に向け、 その担い手となる若手人材の育成を目的とした5~ 6日間の研修プログラムであり、その企画・ 運営にIGES関西研究センターが携わっている。 これまでに兵庫県では延べ25校から104名が、 青森県では6校から32名が参加した。昨今、 気候変動問題をはじめとした地球環境問題に関する教育の充実の必 要性が叫ばれてきており、 そのような市民向けプログラムが各地で開催されるようになってき ているが、高校生を対象とし、...
ポリシーブリーフ
著者:
The International Energy Agency estimates that to hit net-zero globally by 2050, six times more critical minerals will be required in 2040 than today. The rapid increase in demand for critical minerals is likely to increase price volatility. This could aggravate energy security concerns, and thereby delay the necessary clean energy transition...
キーワード:
査読付論文
Atmosphere所収
著者:
Singh
Harikesh
Meraj
Gowhar
Singh
Sachchidanand
Shrivastava
Vaibhav
Sharma
Vishal
Farooq
Majid
Kanga
Shruti
Singh
Suraj Kumar
To monitor the spread of the novel coronavirus (COVID-19), India, during the last week of March 2020, imposed national restrictions on the movement of its citizens (lockdown). Although India’s economy was shut down due to restrictions, the nation observed a sharp decline in particulate matter (PM) concentrations. In recent years, Delhi has...
査読付論文
Atmosphere所収
著者:
Choudhary
Arti
Kumar
Pradeep
Sahu
Saroj Kumar
Pradhan
Chinmay
Joshi
Pawan Kumar
Singh
Sudhir Kumar
Mezoue
Cyrille A.
Singh
Abhay Kumar
Tyagi
Bhishma
Manufacturing and mining sectors are serious pollution sources and risk factors that threaten air quality and human health. We analyzed pollutants at two study sites (Talcher and Brajrajnagar) in Odisha, an area exposed to industrial emissions, in the pre-COVID-19 year (2019) and consecutive pandemic years, including lockdowns (2020 and 2021). We...
査読付論文
Remote Sensing所収
著者:
Taloor
Ajay Kumar
Singh
Anil Kumar
Kumar
Amit
Tripathi
Jayant Nath
Kumari
Maya
Kotlia
Bahadur Singh
Kothyari
Girish Ch
Tiwari
Surya Prakash
The study evaluates the impacts of India’s COVID-19 lockdown and unlocking periods on the country’s ambient air quality. India experienced three strictly enforced lockdowns followed by unlocking periods where economic and social restrictions were gradually lifted. We have examined the in situ and satellite data of NO2 emissions for several Indian...
ブックチャプター
Climate Change 2022: Impacts, Adaptation and Vulnerability所収
著者:
R. A. Begum, R. Lempert, E. Ali, T.A. Benjaminsen, T. Bernauer, W. Cramer, X. Cui, K. Mach, G. Nagy, N.C.Stenseth, R. Sukumar, P. Wester
et al.
The IPCC Working Group II contribution to the Sixth Assessment Report addresses the challenges of climate action in the context of sustainable development with a particular focus on climate change impacts, adaptation and vulnerability. Since IPCC AR5, human influence on the Earth’s climate has become unequivocal, increasingly apparent, and...
ディスカッションペーパー
2021 年は英国がG7の議長を務め、サミット及び一連の大臣会合を開催した。G7には、 エンゲージメントグループという、 政府から独立したステークホルダーが提言や政策対話を行う仕組みが 存在する。各エンゲージメントグループは、本年6月に開催されたG7サミットに先立ち、G7で議論される分野に関してそれぞれ提言をまとめ、公開した。本稿では、気候・環境分野に関する各エンゲージメントグループの提言を整理し、G7サミットの成果とエンゲージメントグループの提言を主に比較した。その結果、エンゲージメントグループによる提言の多くは、G7カービスベイ首脳コミュニケ(首脳コミュニケ )及び付属文書、気候・環境大臣会合コミュニケ(大臣会合コミュニケ...
キーワード:
ワーキングペーパー
Between the 1990s and early 2000s, large-scale illegal dumping and improper treatment of medical waste was a common occurrence in Japan, and became a serious social issue owing to the potential human health risk and environmental damage resulting from the waste itself, which could be infectious or contained sharps or chemical and toxic substances...
キーワード: