出版物検索

176件中 1~10件 (日付順)
査読付論文
Conservation所収

Biodiversity knowledge is communicated by scientists to policymakers at the biodiversity “science-policy interface” (SPI). Although the biodiversity SPI is the subject of a growing body of literature, gaps in our understanding include the efficacy of mechanisms to bridge the interface, the quality of information exchanged between science and policy...

ポリシーレポート
著者:
Joseph Edward Alegado
Jose Miguel Aliño
Stephen Cheuk Fai Chow
Ma. Brida Lea Diola
Lea Gurrero
Von Hernandez
Yuichi Ishimura
Effie Kim
Doun Moon
Mitsu Okuno
Gemma Pelogio
Peixun Pey
Tiara Samson
Satyarupa Shekhar Swain
Maria Antonia Tanchuling,
Vu Duc Canh

Plastic is ubiquitous: we use it for life-saving medical devices, clothing, toys and cosmetics; we use it in agriculture and industry. But we also know the growing risk of plastic waste in the environment, landfills and the oceans. 

For example, the amount of plastic that some fulmars accumulate in their stomachs during their lives is...

プロシーディングス
Awareness Workshop (Webinar): Japanese Environmental Technologies to monitor emissions from thermal power plants and other energy-intensive industries in India

The Kansai Research Center (KRC) of the Institute for Global Environmental Strategies (IGES) took up the issue of air pollution in India and hosted an awareness workshop on Japanese technologies to monitor emissions from thermal power plants and other energy-intensive industries in India on 17 February 2021.The objective of the workshop was to...

ワーキングペーパー
ADBI Working Paper Series

Adopted in 2015, the 2030 Agenda for Sustainable Development and its 17 Sustainable Development Goals (SDGs) were intended to motivate governments and the international community to address the world’s most pressing social and environmental challenges. However, most countries are not on pace to achieve the SDGs. The economic and human toll of the...

キーワード:
委託報告書

本調査では、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、フィンランド及びフランスの 5 カ国を対象に、各国の持続可能な開発目標(SDGs)の①実施体制、②進捗状況の評価方法、③その 他独自の取組を調べた。これらの国は持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)とベルテルスマン財団が発表している SDG 指数等、SDGs の進捗状況に関する世界ランキ ングで常に上位につけている。これらの国の実施体制や進捗状況の評価方法等を理解する ことは、日本を含む他の国々における SDGs の実施を強化するのに有益と考えられる。 調査は、机上調査と聞き取り調査を組み合わせる手法をとった。机上調査では、各国の自発 的国家レビュー(VNR)、SDGs 行動計画、その他の関連文書を精査した。さらに、5...

ブリーフィングノート

第5回国連環境総会の第1回会合(UNEA5.1)が2021年2月22日~23日に開催された。

UNEAは、国連環境計画(UNEP)の意思決定機関として国際的な環境ガバナンスにおいて重要な役割を担っている。隔年で開催され、193の国連加盟国および関連ステークホルダーが参加し、UNEPの優先課題を概観するとともにグローバルな環境アジェンダの設定を目的としている。

通常はナイロビのUNEP本部で開催されるが、今回のUNEAはCOVID-19パンデミックの影響によりすべてオンラインで行われ、UNEA開催の前週からUNEA開催中まで、ユース環境総会(2月12日~20日)、国連サイエンス‐ビジネス環境政策フォーラム(2月18日~20日)も含めて12...

ブリーフィングノート

The 2021 United Nations Environment Assembly (UNEA 5.1) took place on February 22-23 2021.

As the United Nations Environment Programme's (UNEP) universal-membership governing body, UNEA plays an important role in international environmental governance. Held biennially, UNEA brings together the UN’s 193 member states and other stakeholders to...

ブリーフィングノート

本ブリーフィングノートは、バイデン政権の気候政策の見通しについて考察するものである。 バイデン政権の就任1か月間の気候政策に含まれている主要な要素と、そこに含まれていないものについて分析した上で、これらの政策が今後、どのように採択され、実施されていくかについて検討する。具体的には、バイデン大統領の気候政策立案プロセスの主要人物と組織構造、初期の主要な優先事項と戦略、そして国境炭素調整措置など、国内外のいくつかの特定分野における今後の政策の方向性について論ずる。そこでは、大統領令や規制、法律の違いを説明するとともに、気候政策と雇用や経済全体との強い関連に言及する。そして、通常は気候関連の議論の対象にならないが、気候対策を実施する上で重要な、省庁や関連する諸機関について考察する。

ポリシーブリーフ
著者:
Patdu
Maria Katherina
Nagatani-Yoshida
Kakuko
Bathan-Baterina
Glynda
Espita-Casanova
Dang Marviluz
Pederson
Bjarne
Amann
Markus
Klimont
Zbigniew
Borgford-Parnell
Nathan
Yamashita
Ken
Mars
Kathleen
Unger
Charlotte
Takemura
Toshihiko
Mao
Xianqiang
Xing
Youkai
Chae
Yeora
Narayanan
Badri G.

Key Messages

  • A reason COVID-19 has had such far-reaching impacts is it stems from multiple interconnected risks. The difficulties that policymakers face in managing related risks not only deepen vulnerabilities to COVID-19 but other planetary crises.
  • Explicitly recognizing and acting to achieve the co-benefits of integrated air pollution...
ブリーフィングノート

This briefing note considers the prospects for the Biden administration’s climate policy. It surveys the main elements of the Biden administration’s climate policies in his first month in office, as well as what is not included, and it speculates on the potential for these policies to be adopted and implemented. Key personnel and the overall...