1463件中 1~10件 (日付順)
ワーキングペーパー

2020年9月22日に開かれた国連75周年総会の一般討論演説において、中国習近平国家主席は、「2030年より前に二酸化炭素の排出のピークを達成し(2030年ピーク目標)、2060年より前に炭素中立(ネットゼロ、2060年目標)を達成するように尽力」することを表明し、国内外からの大きな注目を集めた。

 2060年目標を表明した背景と今後の見通しについて検討すべく、本稿は、「1. 2020年がもつ戦略的タイミングの意義」、「2. 2060年目標設定の背景にある戦略的思考」、「3. 今後の見通し」、の3点について深堀する。

査読付論文
ISPRS International Journal of Geo-Information所収
著者:
Gharechelou
Saeid
Tateishi
Ryutaro
Sumantyo
Josaphat

Soil moisture is a critical component for Earth science studies, and Synthetic Aperture Radar (SAR) data have high potential for retrieving soil moisture using backscattering models. In this study, polarimetric SAR (PALSAR: Phased Array type L-band Synthetic Aperture Radar) data and polarimetric decompositions including span, entropy/H/alpha, and...

査読付論文
Politics and Governance所収

External emergency assistance (EEA) provided in the aftermath of a disaster has costs and benefits to the donor and recipient countries. Donors benefit from quick recovery feedback effects from the trade and cultural links, and recipient countries have additional resources to manage the emergency. However, EEA costs could outweigh the benefits...

プレゼンテーション

2021年10月15日に開催される「気候変動ウェビナーシリーズ:「COP26直前 パリ協定第6条基礎講座」でIGES高橋 副ディレクターの発表資料となります。COP26の焦点ともなるパリ協定第6条、市場メカニズムに関するルールについて解説します。

ポリシーレポート

The ASEAN State of Climate Change Report (ASCCR) provides an overall outlook of the state of play of climate change issues in the ASEAN region. ASCCR is also a forward-looking report, which includes recommendations on making the transition toward 2030 and on to 2050 for both adaptation and mitigation, considering ASEAN’s development context and the...

他機関出版物の翻訳

森林に関するニューヨーク宣言(NYDF)の目標7は、「国際的に合意されたルールに則り、2度目標に適うべく、2020年以降の気候に関する世界的な合意の一部として、森林減少と森林劣化による排出量の削減を2015年に合意すること」である。国際的な気候アジェンダにおいて森林が極めて重要な役割を果たすということが、パリ協定に明記されたことで、森林に関するニューヨーク宣言(NYDF)の目標7は達成されたことになる。しかし、気候危機を緩和するためには森林が不可欠であるという国際的な認識にもかかわらず、世界中で森林減少と劣化が続いており、世界的に森林の保護、回復、持続可能な管理がかつてないほど急務となっている。そのため、NYDFアセスメントパートナーズは、世界の森林の保護、回復...

査読付論文
Groundwater for Sustainable Development所収
著者:
Ty
Tran Van
Minh
Huynh Vuong Thu
Avtar
Ram
Hiep
Huynh Van

This study assesses qualitative and quantitative changes in groundwater resources and their impact on land
subsidence in Can Tho, Vietnam, from 2000 to 2018. Can Tho city is characterized by scarce water resources and
intense industrial, domestic, agricultural, and mining usage, creating water stress. The vertical compaction rates
and thus land...

プレゼンテーション

2021年10月1日に開催された「気候変動ウェビナーシリーズ:「COPとは COP基礎講座」でIGES高橋 副ディレクターが発表した資料となります。気候変動対策実施に向けた国際的な機運がかつてなく高まる中、今更聞けないCOPって何?をパリ協定の構造を含めた基礎から解説します。

当日のウェビナーリンク:https://www.iges.or.jp/jp/events/20211001

レポートチャプター
Climate Ambition beyond Emission Numbers: Taking Stock of Progress by Looking Inside Countries and Sectors所収

Japan has raised its climate ambition by declaring its commitment to achieve carbon neutrality by 2050, and by setting a new target of reducing its greenhouse gas (GHG) emissions by 46% against 2013 levels by 2030. This chapter provides a perspective on how Japan’s ambition has evolved since 2015, in terms of domestic discourse, governance to...

キーワード:
研修用教材

This training module was developed as a supplementary training and learning resource for the “Guidelines for Safe Closure and Rehabilitation of Municipal Solid Waste Dumpsites in Sri Lanka,” published by the Ministry of Environment, Sri Lanka. The training Module was designed under the guidance of the Secretary, Director, Assistant Director and...