272件中 1~10件 (日付順)
その他アーティクル
木材情報所収

近年、木材輸入国において、違法伐採対策が法制度化され実施されている。違法伐採対策法の導入の目的は、その国における違法伐採木材製品の輸入、流通を減少させることである。法律の導入からその目的が達成されるまでには、規制対象である木材輸入事業者 が①自身の行うビジネスが法律の対象であることを認識し、②法律の要求を理解し、③法律を遵守することで、最終的に、④輸入先の変更などの行動変化を起こすというプロセス がある。そして、この目的を達成するためには、政府の法律の執行や運用が重要である。本稿では、ドイツとオーストラリアにおける、政府による違法伐採対策法の運用 状況を報告する。ドイツは、規制対象事業者の検査に重点を置き、EU諸国のうち最も積極的で厳しい法の運用を行っている。一方...

プレゼンテーション
COP26 CATALYST FOR CLIMATE ACTION: ASSEMBLY AT THE UN REGIONAL CLIMATE WEEK FOR THE ASIA-PACIFIC

This presentation summarises the key findings of the IGES's recent research on the assessment of GHG inventory capacity in developing countries with support from the Global Support Program/UNDP and recommendations for the on-going efforts related to transparency capacity building. The author presented this as part of the panel discussion of the...

キーワード:
委託報告書

平成29 年(2017 年)に施行された「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律(通称「クリーンウッド法」)」において定められた、木材関連事業者が取り組むべき措置である合法性の確認、譲り渡しの措置、記録の保存等の取組について、現地調査等による実施状況を確認し、課題等の整理、分析を含め取りまとめた。

査読付論文
Environmental Research Letters所収
著者:
Estoque
Ronald C.
GAO
YAN
Ooba
Makoto
Togawa
Takuya
Hijoka
Yasuaki
Murayama
Yuji
Gavina,
Lilito D
D Lasco
Rodel

With the intensifying challenges of global sustainability and biodiversity conservation, the monitoring of the world's remaining forests has become more important than ever. Today, Earth observation technologies, particularly remote sensing, are at the forefront of forest cover monitoring worldwide. Given the current conceptual understanding of...

プロシーディングス

This report summarizes the key discussion points of the two-day Asian Transparency Workshop on December 14-15, 2020. With the aim to promote knowledge-sharing among countries in Asia for the effective implementation of the Paris Agreement’s Enhanced Transparency Framework (ETF), the workshop particularly focused on a roadmap for preparation of...

プレゼンテーション
Asian Transparency Workshop: Roadmap for BTR1 and reporting under Article 6.2

This presentation provides, as introduction to the breakout group discussion in the Asian Transparency workshop, the common challenges when countries track progress of individual mitigation actions to prepare the 1st BTR. The possible solutions (long and short term) in each challenge were developed based on the mutual learning program for enhanced...

プレゼンテーション
Asian Transparency Workshop: Roadmap for BTR1 and reporting under Article 6.2

The Asian Transparency Workshop organized by the MOEJ, the IGES, UNFCCC-RCC and GSP aims to promote knowledge sharing among countries in Asia for the effective implementation of the Paris Agreement’s Enhanced Transparency Framework (ETF). This presentation provides, as introduction to the workshop, the linkage of ETF and reporting under Article 6...

ディスカッションペーパー

Learning from cultural traditions and philosophies could help place countries in Asia on more sustainable development paths. This paper argues why and outlines how countries in Asia should collaborate in pooling and promoting good practices grounded in indigenous knowledge and philosophies to mainstream sustainability at the local, national...

政策プロセスへの提言

This submission, which includes a paper maintaining that indigenous knowledge and philosophical richness can help Asia transition to a more sustainable development paths, argues for a greater focus on looking back as countries move toward a post-pandemic future. More concretely, the paper outlines why and how countries in Asia should collaborate in...

コメンタリー

10月26日に行われた、菅内閣総理大臣の所信表明演説で「2050年脱炭素社会の実現」を目指すとした方針についての、IGESコメントです。

脱炭素化の方向性と時間軸を明確に示すことは、企業や投資家の長期的視点に立った経営・投資判断を支えることにつながります。また、2050年脱炭素化は、パリ協定が目指す1.5℃目標にも整合する非常に野心的な目標で、総理大臣自らが2050年脱炭素化社会の実現を宣言したことをIGESは大いに歓迎します。

一方で、新型コロナウイルスによって減速した日本経済の立て直しに向けた経済復興策は、欧州における「欧州グリーンディール」のような、経済刺激策を気候変動やその他の環境課題への対策と結び付ける対策が乏しく...