175件中 1~10件 (日付順)
ディスカッションペーパー
著者:
Ogawa
Ryuichi
農地において支柱を立てて上部空間に太陽光発電設備を設置し、下部空間では営農を継続しながら発電を行う営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)は、再生可能エネルギー導入量の拡大が見込めること、農業者の収入拡大による農業経営の改善や6次産業化の推進も期待できることから、政府として推進する方針が掲げられ、様々な制度で導入促進が図られている。 例えば、再生可能エネルギーの導入促進のために固定価格買取制度が導入されているが、営農型太陽光発電と野立太陽光発電で買取価格が区別されていない。しかしながら、両者は費用構造や事業リスクが異なり、導入によってもたらされる便益も異なることから、その性質に則して営農型太陽光発電の推進のための施策が導入されることが望ましい。...
査読付論文
Sustainability MDPI所収
Information and Communication Technologies (ICT) have been identified as potential enablers for alternative forms of sharing surplus food to prevent food loss and waste. Food sharing platforms can also provide an entry point to the sustainability transition by encouraging its users to confront the systemic causes of unsustainable and inequitable...
ブックチャプター
Aligning Climate Change and Sustainable Development Policies in Asia所収
The widespread adoption of low emissions technologies in rapidly developing countries is critical to resolving the climate emergency.1 However, many fast growing economies lack the energy efficient, renewable, and other advanced technologies needed to mitigate climate change. Technology transfer could help address these countries need. Yet the...
ポリシーレポート
グリーンボンドの市場規模は国内外で年々拡大し、日本国内の発行額は2020年には約1兆170億円にまで成長した。一方、グリーンボンドのレポーティングについては、国際的にも、一貫性の欠如や不適切性が指摘されており、投資家が発行体によって開示されているインパクトを自身のポートフォリオに落とし込むことが困難であることが課題とされている。本稿では、グリーンボンドによって期待される又は実現した環境改善効果(インパクト)について、発行体が投資家の信頼を得るために重要な役割を担っている、レポーティングにおけるインパクトの記載(インパクトレポ―ティング)について議論し、以下を提言として提示した。 レポーティングの開示: ICMAのGBPにおいては公募債と私募債を区別していないことから...
レポートチャプター
北九州市海外水ビジネス推進協議会設立10周年記念誌所収
北九州市海外水ビジネス推進協議会(KOWBA)は2020年に設立10周年を迎えた。その節目に際してKOWBAが作成した記念誌の一部として「北九州市が取り組む海外水ビジネス」を執筆した。これは「持続可能な社会への挑戦-北九州市とアジア都市との連携」(2018年7月)と「北九州における水ビジネス海外展開の歴史と発展」(2020年3月)に基づいた内容となっている。IGES北九州アーバンセンターとして北九州市の国際政策を20周年以上見つめてきた立場から、北九州市の海外水ビジネス、並びにKOWBAの役割や未来について論じている。
査読付論文
環境経済・政策研究所収
先行研究をレビューし、テレワークの着手障害、継続障害に企業の業種が影響を与えているという仮説を設定した。第二に、コロナ禍における企業のテレワークに関するアンケート調査をもとに上記仮説の検証を行った。
ワーキングペーパー
Enhanced collaboration with countries with advanced technologies is essential to closing greenhouse gas (GHG) mitigation gaps in developing countries’ energy consuming and producing sectors. However, traditional models of technology transfer tend to focus on the sale of expensive technologies to developing countries, often subsidised through aid or...
キーワード:
ポリシーレポート
Negombo City is one of the fastest growing tourist destinations in Sri Lanka. It is the major commercial and transport centre, and main health service provider for the region. However, municipal solid waste management is a pressing concern for Negombo due to expanding urbanization, increasing income, lack of public awareness, changes in consumption...
レポートチャプター
Global Environment Outlook 6 For Industry in Asia-Pacific所収
Asia and the Pacific’s unrelenting industrial development has been a driving force in the economic growth of scores of countries in the region and beyond. This shift has led to greater prosperity, increased urbanization and sustained population growth. Yet as the region has become the “world’s factory”, it is increasingly realizing not only the...
リサーチレポート
著者:
Nakicenovic
Nebojsa
Messner
Dirk
Zimm
Caroline
Clarke
Geoff
Rockström
Johan
Aguiar
Ana Paula
Boza-Kiss
Benigna
Campagnolo
Lorenza
Chabay
Ilan
Collste
David
Comolli
Luis
Gomez-Echeverri
Luis
Goujon
Anne
Grubler
Arnulf
Jung
Reiner
Kamiya
George
Kriegler
Elmar
Kuhn
Michael
Leininger
Julia
Martin-Shields
Charles
Mayor-Rodriguez
Beatriz
Miller
Jerry
Miola
Apollonia
Riahi
Keywan
Schewenius
Maria
Schmidt
Jörn
Skierka
Kristina
Selomane
Odirilwe
Svedin
Uno
Yillia
Paul
This report assesses all the positive potential benefits digitalization brings to sustainable development for all. It also highlights the potential negative impacts and challenges going forward, particularly for those impacted by the ‘digital divide’ that excludes primarily people left behind during the Industrial Revolution like the billion that...