92件中 1~10件 (日付順)
イシューブリーフ
  • The economic disruptions from the Ukraine war have intensified short term concerns about energy and food security, as well as access to critical minerals. Climate security is also increasingly urgent. This paper urges governments to speed up, not slow down, transitions away from fossil fuels and toward more sustainable development patterns. The war...
査読付論文
Applied Energy所収
著者:
Maki
Seiya
Fuji
Minoru
Fujita
Tsuyoshi
Ashina
Shuichi
Gomi
Kei
Sun
Lu
Osawa
Takahiro
Immanuel
Gito
Boer
Rizaldi

Tracking decarbonization effects requires a model for the identification of spatial energy demands on city facilities. However, most developing countries lack detailed discrete time and device-specific energy demand data. In this study, we installed multiple energy demand monitoring systems that could observe electricity demands at the device level...

査読付論文
Journal of Environmental Economics and Management所収
著者:
Kiso
Takahiko
H. Chan
Ron

This paper examines the effects of financial incentives, particularly electricity prices, on residential solar photovoltaic system installations. We shed light on the importance of a factor that has been largely overlooked in the literature on the adoption behavior of low-carbon building technologies: the distinction between retrofit and new-build...

イシューブリーフ

The long-standing relationship between Japan and India forms a favourable precursor for the countries to collaborate further under the Article 6 mechanisms of the Paris Agreement. While Japan’s support to India for promoting low-carbon technology and clean energy use can help minimise carbon emissions, the partnership will in turn give greater...

ワーキングペーパー

本ペーパーでは、COVID-19からの持続可能でレジリエントな回復と、グローバルな目標に沿ったより長期的な経済のリデザインに貢献するために、各国政府がすでに実施している戦略の優良事例を紹介し、さらなる行動への提言を行う。本ペーパーの読者として想定するのは、国レベル、地方レベルの実務者や政策立案者である。本ペーパーは、COVID-19からの回復とその後の社会形成に向けて、気候政策と環境政策を統合するための各国の取り組みや計画を共有するためのハブとして環境省が2020年9月に立ち上げた「リデザイン2020プラットフォーム」内の情報と、これらのトピックに関する最新の外部研究を活用し、持続可能な復興とリデザインを可能にする政策の枠組み作りと優先順位付けに環境省が役立てようとしている3つの移行...

ディスカッションペーパー

兵庫県内の事業所を対象とする質問票調査を踏まえて、事業所における屋根上太陽光発電(PV)の導入状況と導入障壁を分析し、その克服策について検討した。まず、事業用電力の調達価格の分布から、多くの場合において太陽光発電の導入による自家消費が経済的なメリットを持ちうることを確認した。また、2021年8月時点で既にPVを導入している事業所は22%であり、導入していない事業所のうち6割以上は空き屋根スペースが十分にありPVの導入可能性があることが分かった。

また、空き屋根スペースが十分にある事業所においても、PV導入への関心が無い、屋根の状態が悪い、などPV導入の障壁となりうる状況がまちまちであり、障壁に応じたきめ細やかな対応が重要であると考えられる。潜在的な導入先を3つのセグメントに分け...

キーワード:
ワーキングペーパー

電力需要・電源設備容量が2018年度実績値又は2030年度エネルギー需給見通し(以下、2030需給見通し)見込値と同量を想定するシナリオに対して、発電コスト検証ワーキンググループ(以下、発電コスト検証WG)が想定する燃料費用及びCO2対策費用を発電ユニットごとに課す条件を与えて、実潮流に基づく電力系統運用(1時間毎の価格シグナルを用いたメリットオーダー方式による広域電力系統運用)をシミュレーションすると、2018年度実績値や2030需給見通し見込値よりも石炭火力の発電電力量が小さくなる代わりに、ガス火力の発電電力量が大きくなることが確認された。

そのため、2030年度までに再稼働できる原発の基数が2030需給見通しの見込値よりも小さくなっても(本分析では...

査読付論文
Frontiers in Earth Science所収
著者:
Saini
Atul
Sahu
Netrananda
Duan
Weili
Kumar
Manish
Avtar
Ram
Mishra
Manoranjan
Pandey
Rajiv
Behera
Swadhin

India observes the summer monsoon in June–July–August–September (JJAS) season,
and the livelihood security of a huge population depends on it. The impact of the monsoon
onset timing, length of monsoon season, rainfall amount, and related extreme events is
huge on the Indian economy. Therefore, understanding the inherent intricacies needed a
...

ポリシーブリーフ
ASEAN Centre for Energy Policy Brief

1. The ASEAN State of Climate Change Report (ASCCR) presented ASEAN’s mitigation goal: i) Achieve net-zero greenhouse
gas (GHG) emissions as early as possible in the latter half of the 21st century; and ii) Cap peak GHG emissions as soon
as possible after 2030 to ensure the net-zero GHG emission goal is met on schedule.
2. However, the updated...

ブックチャプター
China's Carbon-Energy Policy and Asia's Energy Transition: Carbon Leakage, Relocation and Halos所収

India has an ambitious renewable energy target for the decades ahead. However, the targets are faced with two critical impediments: (1) the lack of an internationally competitive renewable equipment manufacturing industry domestically and (2) the overdependency on external supply sources for equipment and machinery. The chapter finds that, despite...