31件中 1~10件 (日付順)
ファクトシート
著者:
吉岡

本ファクトシートシリーズは日本の気候変動適応政策に関してテーマ別に概要を整理し、一般向けに気候変動適応とその政策について解説する。今回のテーマである海洋と沿岸に関する気候変動適応はこれまで国際的にも国内でも十分に情報が整理されてこなかった。そこで、本稿では独自に4つの分野に分類した後、各分野における主な気候変動の影響とそれに対応する国内の政策について整理した。また、関連し合う個別の政策や指針が複数存在している状況から、どのように整合性をとり、政策を統合していくかに関して、国際的に提唱 されている方法論を3つ紹介する。

ブックチャプター
Media and Disaster Risk Reduction Advances, Challenges and Potentials所収
著者:
Basnet
Suman
Shaw
Rajib
Chaudhury
Dhrupad

The Himalaya and Hindu Kush Region (HKH) is one of the world's most fragile ecosystems in terms of climate change and its impacts, such as, slow- and fast-onset disasters. Traditionally, nature and human beings have co-existed in this area with indigenous and local knowledge (ILK) systems and practices being used in different ways, such as for...

コメンタリー

2020年10月、菅首相の2050年温室効果ガス排出ゼロ宣言を受け、2050年脱炭素社会への移行に向けた号砲が鳴ったー
どうやって実現するのか、または実現できるのか、などさまざま議論も湧き上がっているが、できるできないではなく、また宣言のあるなしに関わらず、これは立ち向かわざるを得ない人類生存の問題、自然の断りである。

本稿では、40年余りにわたり地球環境学の専門家として地球温暖化の科学、影響評価、政策研究に携わってきた筆者の経験と知見に基づき、今回の脱炭素社会転換をどう進めるかについての見解をまとめている。脱炭素社会転換に向け科学は何を要求しているのか、脱炭素社会を創るのに必要なこととは何かを解説する。

 

なお、本稿は2021年1月、国立環境研究所地球環境研究センター...

その他アーティクル
KOSMOS所収

This article was originally published in KOSMOS 7 (2020), a publication of the Expo '90 Foundation.
This article discusses the need to redesign society to realise transformative change and to reconsider the relationship between humans and nature, which is considered to be a root cause of the pandemic of COVID-19. The Triple R Framework proposed by...

ファクトシート
著者:
HATTORI
Takuya
MASAGO
Yoshifumi

This publication illustrates the recent development of local adaptation policies in Japan. Based on the Climate Change Adaptation Act in 2018, local governments are encouraged to develop measures for climate change at prefectural and/or municipality levels such as local adaptation policies and  local adaptation centers. This factsheet overviews...

査読付論文
Remote Sensing所収
著者:
Xiaoai
Dai
Luo
Penglan
Yang
Kai
Dong
Linxin
Wang
Qiang
Liu
Chao
Li
Naiwen
Lu
Heng
Ma
Lei
Yang
Zhengli
Yao
Yuanzhi

Research on the service values of urban ecosystems is a hot topic of ecological studies in the current era of rapid urbanization. To quantitatively estimate the ecosystem service value in Chengdu, China from the perspectives of natural ecology and social ecology, the technologies of remote sensing (RS) and geographic information system (GIS) are...

コメンタリー

10月26日に行われた、菅内閣総理大臣の所信表明演説で「2050年脱炭素社会の実現」を目指すとした方針についての、IGESコメントです。

脱炭素化の方向性と時間軸を明確に示すことは、企業や投資家の長期的視点に立った経営・投資判断を支えることにつながります。また、2050年脱炭素化は、パリ協定が目指す1.5℃目標にも整合する非常に野心的な目標で、総理大臣自らが2050年脱炭素化社会の実現を宣言したことをIGESは大いに歓迎します。

一方で、新型コロナウイルスによって減速した日本経済の立て直しに向けた経済復興策は、欧州における「欧州グリーンディール」のような、経済刺激策を気候変動やその他の環境課題への対策と結び付ける対策が乏しく...

コメンタリー
聖教新聞

本記事では、新型コロナウイルス(COVID-19)からの「グリーン・リカバリー(緑の復興)」について、欧州連合の取り組み(欧州グリーンディール)を紹介し、日本での緑の復興の可能性や課題について述べている。

本記事は、聖教新聞に2020年9月30日に掲載された。

査読付論文
International Journal of Disaster Risk Reduction所収

The paper narrates a pilot study to understand disaster preparedness among foreign residents living in Japan, using typhoon Hagibis as a reference. We empirically evaluated an individual disaster preparedness framework following the 72-h golden rule of disaster survival. The framework consisted of 14 variables, and responses were collected over a...

査読付論文
Geomorphology所収
著者:
Alifu
Haireti
Vuillaume
Jean-Francois
Hirabayashi
Yukiko

Debris cover on glacier surfaces hampers the accurate detection of debris-covered ice using traditional techniques based on image band ratios. Therefore, this study tests a new automatic classification scheme for hierarchical mapping of glacier surfaces based on machine learning classifiers including k-nearest neighbors (KNN), support vector...