20件中 1~10件 (日付順)
ブリーフィングノート

 2020年来、政治リーダーらによる気候変動対策への取り組みが国内外で急速に活発化しているが、温室効果ガス削減にむけた「緩和」の取組に重きを置いた議論が目立っている。現状に目を向けると、気候変動に起因する気象災害はすでに国内外で激甚化しており、我々が気候変動による様々な影響に適応しなければならないことは明白である。こうした「適応」への取り組みを加速させるべく、第8代国連事務総長の潘基文氏らを筆頭に、2018年オランダで設立されたのが、適応グローバル委員会(GCA: Global Commission on Adaptation)である。GCAは2021年1月25から26日、設立以来初めてとなる大規模な会合、気候適応サミット(CAS2021: Climate Adaptation Summit...

ファクトシート
Key point Analyzed several water quality parameters (pH, electrical conductivity (EC), total dissolved solids (TDS), Chloride (Cl), and temperature) based on 35 well samples collected by local government staff in Oriental Mindoro Province of the Philippines. Cl- concentration was calculated using salinity values based on Equation: Sal (ppt) = 0...
査読付論文
Water所収

Due to the cumulative effects of rapid urbanization, population growth and climate change, many inland and coastal water bodies around the world are experiencing severe water pollution. To help make land-use and climate change adaptation policies more effective at a local scale, this study used a combination of participatory approaches and computer...

委託報告書

平成3012月に施行された「気候変動適応法」において、国際協力を推進する旨が定められている。また、平成2712月に国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の下で合意されたパリ協定においても、気候変動への適応分野において国際協力の重要性が掲げられている。我が国は科学的知見に基づいた適応計画の策定支援を「アジア太平洋地域における気候変動適応分野の研究、人材育成支援業務」として、平成27年度から平成29年度まで継続して実施(以下「適応支援第1フェーズ」という。)しており、途上国政府及び研究機関等との協働が可能となるよう、アジア太平洋地域の適応に関する能力向上のための人材育成、知見共有等を図ってきた。

平成31年度の事業においては、適応支援第1フェーズ及び「平成30 年度アジア太平洋地域におけ...

コメンタリー
聖教新聞

本記事では、新型コロナウイルス(COVID-19)からの「グリーン・リカバリー(緑の復興)」について、欧州連合の取り組み(欧州グリーンディール)を紹介し、日本での緑の復興の可能性や課題について述べている。

本記事は、聖教新聞に2020年9月30日に掲載された。

プレゼンテーション
Stakeholder consultation on Maximizing the Climate Security in Asia through a Coordinated Emergency Assistance Framework

Japan is one of the prominent contributors towards overseas development assistance (ODA) and emergency relief assistance (external emergency assistance, EEA) in the aftermath of major natural disasters. These assistances have costs and benefits to both the recipients and to the donor countries. In order to improve the efficacy of various forms of...

査読付論文
Sustainable Cities and Society所収
著者:

Literature suggests a significant potential for synergies among climate change adaptation and mitigation (CCA & M) policies, especially in urban areas. However, the understanding of how best to integrate CCA &M is limited despite the fact that there is an increasing interest, particularly in Southeast Asian countries, in achieving the integration...

委託報告書

This is the summary of the country drought risk reduction assessment done as a part of the JICA-ASEAN project on integrating climate change adaptation and disaster risk reduction into institutional and policy processes (CN 20). The Philippines has made significant progress in understanding the El Nino and transferring the weather information to...

研修用教材



IGES Making Our Cities Climate-Sensitive e-Learning Video Series comprises two videos:
1) Overcoming floods in the Philippines: A story of climate change adaptation and mitigation ,
2) Participatory watershed land-use management approach: Interfacing science, policy and participation for effective decision making

These two educational videos...