304件中 1~10件 (日付順)
査読付論文
Mitigation and Adaptation Strategies for Global Change所収
著者:
Duc
Nguyen Hong
Avtar
Ram
Lan
Pham Phuong

Rapid population growth, urbanization, industrialization, and climate change are the key drivers causing serious water pollution around the globe. Considering the impacts of these key drivers, this study employed the Water Evaluation and Planning (WEAP) simulation tool to simulate the future water quality in a nearly 60-km stretch of the Hau River...

査読付論文
Sustainability: Science, Practice and Policy所収
著者:
Tasaki
Tomohiro
Kishista
Yusuke
Amasawa
Eri
Bunditsakulchai
Pongsun
Mungkalasiri
Jitti
Hirao
Masahiko

Ensuring sustainable consumption and production (SCP) patterns is an important task for achieving Sustainable Development Goal 12 by 2030. To facilitate international and domestic collaboration toward regional SCP, we developed a collaborative workshop method to generate and structure ideas about consumption and production (CP) patterns and...

ファクトシート
著者:
吉岡

本ファクトシートシリーズは日本の気候変動適応政策に関してテーマ別に概要を整理し、一般向けに気候変動適応とその政策について解説する。今回のテーマである海洋と沿岸に関する気候変動適応はこれまで国際的にも国内でも十分に情報が整理されてこなかった。そこで、本稿では独自に4つの分野に分類した後、各分野における主な気候変動の影響とそれに対応する国内の政策について整理した。また、関連し合う個別の政策や指針が複数存在している状況から、どのように整合性をとり、政策を統合していくかに関して、国際的に提唱 されている方法論を3つ紹介する。

ブックチャプター
Environmental Resilience and Transformation in times of COVID-19所収
著者:

The coronavirus disease 2019 (COVID-19) has emerged as one of the severe and important health disasters during recent times. The impacts of the COVID-19 have spanned across the globe and rightly qualify to be a transboundary disaster. When looked through the lens of transboundary risks, COVID-19 is not the first of its kind. Health and non-health...

委託報告書

本事業では環境省が構築したアジア太平洋気候変動適応情報プラットフォーム(AP-PLAT) の3 つの柱の1 つである能⼒強化プログラムに関し、今後の活動に資する情報を収集・整理し、関係者との連携を模索することを⽬的として、以下の4つの業務をおこなった。

 (1) 気候変動適応推進に必要な能力強化に係る現状及び課題の整理・分析1
 (2) 気候変動適応推進に必要な能力強化に係る現状及び課題の整理・分析2
 (3) 適応案件形成に向けたモデル的支援の実施
   (4)AP-PLAT における能力強化支援ネットワーク強化のためのワークショップ開催

まず(1)ではアジア太平洋における既存の適応に関する能力強化研修に関し情報の整理をおこない、その
結果を(4...

ブック

This guidebook is intended to provide an overview of how to conduct climate change and land-use change impact assessments,
so that the impacts on water, biodiversity, and health can be better understood at the local level. A key aspect
of the guidebook is the tutorials provided for conducting climate change/land-use change scenario analysis and...

委託報告書

環境省では平成28 年度より、アジア太平洋地域における気候変動適応分野の知見共有、人材育成に関する支援業務をフィリピンにおいて実施してきた。
 本業務では令和元年(平成31 年)度の「アジア太平洋地域における気候変動適応分野の知見共有、人材育成支援業務」の2.(1)「政策支援ツールの開発・適用」の成果を用い、参加型流域土地管理方法論(以下「PWLM」という。)がフィリピン国内で更に広く活用されるような人材育成を実施した。また、PWLM が河川流域のみならず、沿岸地域の土地利用計画にも活用できるよう必要な機能拡張を実施した。

(1)政策支援ツールの運用にかかわる人材育成としては、PWLM を構成するツールのうち、平成31 年度業務までに実施していない河川氾濫モデル(HEC-HMS...

プレゼンテーション
APAN Forum Special Session

The presentation summarizes key climate risks and sectoral adaptation options for Asia from the synthesis of multiple global and regional assessments, including recent assessment reports of IPCC and IPBES. The talk was delivered on a special session on Adaptation Gaps in APAN Forum hosted by IGES and the Ministry of Environment. 

ブックチャプター
Climate Change, Disaster Risks and Human Security: Asian Experience and Perspectives所収

Policies are the channels through which governments influence society and make course corrections for intended consequences. Institutions have the power to influence policy processes and outcomes and can determine the way governments engage with society. Policy formulation and implementation thus far have largely been based on populist assumptions...