53件中 1~10件 (日付順)
プレゼンテーション
15th Asia Pacific Roundtable on Sustainable Consumption and Production
著者:

IGES co-organises the 4th webisode of the 15th conference of the Asia Pacific Roundtable on Sustainable Consumption and Production (APRSCP), which began on 20 April 2021 and releases new episodes on Tuesdays until 11 May 2021. Co-organised with the S-16 Project of Environment Research and Technology Fund of Japan (project co-led by University of...

プレゼンテーション
環境研究総合推進費【S-16】 一般公開シンポジウム アフターコロナの持続可能な消費と生産形態の確保に向けて

COVID19を受けて、改めて持続可能な消費と生産形態に向けた社会モデル、新たなビジネスモデルの構築が急務となっている。こうした観点から、SCP政策の今後の方向性とそのための13のエントリーポイントを紹介すると同時に、SCPの社会実装へ向けた政策デザインのあり方について議論した。

プレゼンテーション
AAS-in-Asia 2020 Asia at the Crossroads: Solidarity through Scholarship
著者:
MÜLLER
Lukas Maximilian

China and Japan have been competing with each other over economic assistance, which is, according to both liberal and realist perspectives, a diplomatic tool to exercise the nation's influence over the recipient nation. Among other things, rapid railway system is an example of such a competition (e.g, Indonesian project), and for a recipient...

プレゼンテーション
多摩市気候非常事態宣言 記念 オンライン講演会

本資料は、2020年8月22日に開催された、多摩市気候非常事態宣言 記念 オンライン講演会での発表資料です。

1.「気候危機」は、誰にとって、どのようなリスクなのか、2. 気候危機に取り組むため、国や自治体、ビジネスがどのような行動を開始しているのか、3.コロナ禍から、どのように「より良い回復」(グリーン・リカバリー)を目指すのか、4.強靱、持続可能で脱炭素型の地域とライフスタイルへの転換をどう進めるのか についてまとめています。

プレゼンテーション
日本LCA学会テレカンファレンス企画セッション「持続可能な消費と生産パターン転換のための政策デザインとLCA」
著者:

近年,パリ協定の実施,ネット・ゼロを宣言する自治体の増加,SDGsをはじめ,環境資源制約を踏まえた目標ベースの取り組みが主流化している。環境負荷の低減と生活の質の両立を目指す概念である持続可能なライフスタイルへの転換に関し,近年は消費者行動に関する多様なデータが入手可能となってきており,これらと組み合わせたライフサイクル環境負荷や上流側の資源利用量を明らかにすることができるLCA研究(ここでは広く産業連関分析,マテリアルフロー分析等も含む広義の手法群)の重要性が増している。プラネタリ―バウンダリーや脱炭素といった目標に至るには,個別製品の改善に依存した対策には限界があり,リバウンド効果等も踏まえた生産消費システムの転換が必要とされる。一方,既存研究は...

プレゼンテーション
UNITAR CIFAL Jeju Workshop on Gender & Environmental Sustainability in the Asia-Pacific Region
著者:

UNITAR facilitated its workshop on the Gender and Environmental Sustainability in the Asia-Pacific Region from 3rd to 6th of December 2019 and invited IGES to lecture for the Session 1: Environment Meets Gender as well as Session 2: Why Gender-Sensitive Approach is Important?. The sessions supported participants, from 12 different Asian countries...

プレゼンテーション

Towards Policy Design for SCP: From environmental policy to socio-economic technology policy

Japan-Thailand SCP Research Collaboration Joint Symposium on Policy Design Research for SCP
著者:
Tasaki
Tomohiro

Under S-16 project, Japan-Thailand SCP Research Collaboration Joint Symposium was held to desicuss possible collaboration for Policy Design Research for SCP on October 22nd 2019 at Sukosol Hotel, Bnagkok, Thailand. Hotta and Tasali presented how SCP policy research and design requires co-design approach. 

プレゼンテーション
日仏ラウンドテーブル プラスチック問題解決の為に協力する科学と公共政策

2019年10月3日に、東京のアンスティチュ・フランセにおいて、プラスチック汚染問題解決の為に協力する科学と公共政策と題する公開セミナーが開催された。IGES・SCPの堀田は、パネリストとして、プラスチック問題解決に向けた政策の状況について紹介した。

プレゼンテーション
10th International Conference on Industrial Ecology

In this study, carbon footprints of households are estimated based on a combination of physical consumption and monetary-based data. Long-term targets for carbon footprints are established based on a review of existing emission scenarios. Hotspots for lifestyle carbon footprints, in nutrition, housing, mobility, and other domains, are identified...

プレゼンテーション
10th International Conference on Industrial Ecology
著者:

In this presentation, the characteristics of different consumer segments and their carbon footprints will be examined based on the analysis of consumer expenditure and time-use survey data. It utilises anonymised survey microdata and carbon intensity from existing EEIOA databases and focuses on in-depth analysis of the relationships between...