123件中 1~10件 (日付順)
ポリシーブリーフ
著者:
Ogawa
Mifuyu
Yoshida
Takehito
Mogaki
Masahiro
Oda
Yuki
Oyama
Kosuke
Kohsaka
Ryo
Uchiyama
Yuta
Kameyama
Yasuko
Fujita
Tomohiro
Kabaya
Kei
Nishi
Koji

ポスト2020 年生物多様性世界枠組の検討が現在進められていて、次回のCBD 第15 回締約国会議(CBD-COP15)で採択される予定である。日本では、これを受けた生物多様性国家戦略の改定に向けて議論が進められている。今後、新たな生物多様性国家戦略の下、自治体による生物多様性地域戦略(以下、地域戦略と記載)の改定又は新規策定が進むことが期待されている。PANCES*の研究チームは2017 年に、当時既に地域戦略を策定していた70 基礎自治体を対象に地域戦略の策定と実施に関するアンケート調査を実施した。また、全都道府県を対象とする同様のアンケート調査や、PANCES のモデルサイト(北海道、石川県、新潟県、沖縄県)における事例研究も実施した。この他、地域戦略の策定...

査読付論文
Sustainability Science所収
著者:

Trade-offs in nature’s contributions to people (NCP), particularly in material NCP versus regulating and non-material NCP, continue to rise. Socio-ecological production landscapes and seascapes (SEPLS) represent harmonious human-nature interactions resulting in positive outcomes for both biodiversity and human well-being, thus implying synergies...

その他アーティクル
KOSMOS所収

This article was originally published in KOSMOS 7 (2020), a publication of the Expo '90 Foundation.
This article discusses the need to redesign society to realise transformative change and to reconsider the relationship between humans and nature, which is considered to be a root cause of the pandemic of COVID-19. The Triple R Framework proposed by...

査読付論文
Remote Sensing所収
著者:
Xiaoai
Dai
Luo
Penglan
Yang
Kai
Dong
Linxin
Wang
Qiang
Liu
Chao
Li
Naiwen
Lu
Heng
Ma
Lei
Yang
Zhengli
Yao
Yuanzhi

Research on the service values of urban ecosystems is a hot topic of ecological studies in the current era of rapid urbanization. To quantitatively estimate the ecosystem service value in Chengdu, China from the perspectives of natural ecology and social ecology, the technologies of remote sensing (RS) and geographic information system (GIS) are...

ブックチャプター
Implementing the Satoyama Initiative for the benefit of biodiversity and human well-being所収
著者:
Kozar
Raffaela

Primary production, including agriculture, aquaculture, forestry and fisheries is the strongest driver of biodiversity loss globally. It can, however, contribute to biodiversity conservation if wisely managed such as in ‘Satoyama’ and ‘Satoumi’, or socio-ecological production landscapes and seascapes (SEPLS), where production activities support...

プロシーディングス
著者:
Kien
Dang
Camacho
Leni
Nishi
Maiko
Dunbar
William
Yanagiya
Makiko

On Thursday 12 November 2020, United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability (UNU-IAS) and Institute for Global Environmental Strategies (IGES) convened a session entitled “The Satoyama Initiative, transformative change, and societies in harmony with nature” at the 12th International Forum for Sustainable Asia and the...

ブリーフィングノート

This briefing note overviews key international biodiversity processes, products and events in 2020 and 2021. Geared especially for those who are less familiar with the topic, it covers ongoing developments with respect to the post-2020 global biodiversity framework (GBF); key meetings of the Convention on Biological Diversity (CBD); the UN...

ポリシーレポート

プラスチックの生産と消費パターンの拡大、とりわけ使い捨てプラスチックや不適切なプラスチック廃棄物の処理に伴い、海洋生態系でのプラスチック廃棄物の蓄積が急増している。海洋のプラスチック汚染の主たる原因(海洋ゴミの約80%)は陸上から海へ流出するプラスチックである事が知られており、海洋のプラスチック汚染は世界的な関心を集める課題となって多くの政府や自治体が対応策を模索している。

より環境にやさしく持続可能なプラスチックの生産と消費を行う社会を実現するには、様々な利害関係者の参加と監視・評価に基づく長期的な取り組みが必要である。その第一ステップとして本レポートは、利害関係者の参加を促進し、国の廃棄物処理方針に沿った廃プラスチックを抑制する包括的な計画の開発を提言する。そのため、IGES...

プレゼンテーション

These slides were used for a video commentary on the main takeaways of the 75th Session of the United Nations General Assembly (UNGA75), which was held virtually for the first time in the history of the UN in 2020. There are two versions of the video commentary available (short and extended) and they provide insight into the five crises of focus...

コメンタリー
聖教新聞

本記事では、新型コロナウイルス(COVID-19)からの「グリーン・リカバリー(緑の復興)」について、欧州連合の取り組み(欧州グリーンディール)を紹介し、日本での緑の復興の可能性や課題について述べている。

本記事は、聖教新聞に2020年9月30日に掲載された。