1146件中 1~10件 (日付順)
その他アーティクル
内側から見た中国最新環境事情 第58回/February 2020 Global Net Series 所収
地球・人間環境フォーラムの月刊環境情報誌、「グローバルネット」に地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所所長の小柳秀明が、中国の最新環境事情を現地滞在レポートとして偶数月で連載しています。
その他アーティクル

新型肺炎拡大防止への対応~シャオリュウの中国環境ウォッチNo.75

環境新聞所収
環境新聞にて連載中の「シャオリュウの中国環境ウオッチ」では、地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所長の小柳秀明が、中国の環境の現状と対策を毎月現場から報告しています。
査読付論文
Geocarto International所収
著者:
Operational monitoring of vegetation and its response to climate change involves the use of vegetation indices (VIs) in relation to relevant climatic data. This study analyses the temporal variations of vegetation indices in response to climatic data (temperature and precipitation) to better understand the phenological changes in the Wa-West and...
テクニカルレポート
本報告書は、ライフスタイル・カーボンフットプリント(※)を軸に私たちの日常生活での消費や行動が気候変動に与える影響を推定し、パリ協定の目標達成と豊かな暮らしの両立を探るものです。 ※家計が消費する製品やサービスのライフサイクル(資源の採取、素材の加工、製品の製造、流通、使用から廃棄)において生じるGHGの排出量 IGESは、2019年2月にフィンランド・アールト大学およびD-matと共同で『1.5-Degree Lifestyles – Targets and Options for Reducing Lifestyle Carbon Footprints』を発刊し、日本、フィンランド、中国、ブラジル、インドの平均的な暮らしでの温室効果ガス(GHG)排出量や特徴...
その他アーティクル

20年の歳月を経て~シャオリュウの中国環境ウォッチNo.74

環境新聞所収
環境新聞にて連載中の「シャオリュウの中国環境ウオッチ」では、地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所長の小柳秀明が、中国の環境の現状と対策を毎月現場から報告しています。
査読付論文
ISPRS Journal of Photogrammetry and Remote Sensing所収
著者:
Gao
Lin
Wang
Xiaofei
Tian
Qingiu
Wang
Yu
Verrelst
Jochem
Mu
Xihan
Gu
Xingfa
Green fractional vegetation cover (fc) is an important phenotypic factor in the fields of agriculture, forestry, and ecology. Spatially explicit monitoring of fc via relative vegetation abundance (RA) algorithms, especially those based on scaled maximum/minimum vegetation index (VI) values, has been widely investigated in remote sensing research...
ブックチャプター
Resilient Policies in Asian Cities: Adaptation to Climate Change and Natural Disasters所収
Enhancing capacity for building resilient cities is a growing concern among policy makers and international communities to minimize the impacts of climate change and natural disasters. The UN Conference on Sustainable Development 2012 and the Sendai Framework for Disaster Risk Reduction (2015–2030) called for urgent need in building resilient...
データ/ツール
IGES's GHG emissions database aims to compile the latest information on GHG and CO2 emissions, as reported annually by UNFCCC Annex I countries. The data covers the period from from 1990 up to two years before the submission date of the reports. This database also provides information on target compliance, in order to compare historical emission...
キーワード:
その他アーティクル
内側から見た中国最新環境事情 第57回/December 2019 Global Net Series 所収
地球・人間環境フォーラムの月刊環境情報誌、「グローバルネット」に地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所所長の小柳秀明が、中国の最新環境事情を現地滞在レポートとして偶数月で連載しています。
査読付論文
Environmental Monitoringand Assessment所収
著者:
Avtar
Ram
Aggarwal
Ridhika
Kharrazi
Ali
Agustiono Kurniawan
Tonni
It is more than 4 years since the 2030 agenda for sustainable development was adopted by the United Nations and its member states in September 2015. Several efforts are being made by member countries to contribute towards achieving the 17 Sustainable Development Goals (SDGs). The progress which had been made over time in achieving SDGs can be...