80件中 1~10件 (日付順)
ブリーフィングノート
2020年11月23日から12月4日にかけて国連気候変動条約(UNFCCC)主催のClimate Dialogue2020が開催された。通常であれば、毎年この時期にはUNFCCC締約国会議(COP)が開催されるが、新型コロナウイルスの影響で翌年に延期とになったため、交渉を含まない形で、モメンタムの維持のため、本会議が開催された。IGES適応チームでは、本会合に参加し、IISDのデイリーレポート 等を参考に、適応に関する議論について取りまとめた。
プロシーディングス
著者:
Kien
Dang
Camacho
Leni
Nishi
Maiko
Dunbar
William
Yanagiya
Makiko
On Thursday 12 November 2020, United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability (UNU-IAS) and Institute for Global Environmental Strategies (IGES) convened a session entitled “The Satoyama Initiative, transformative change, and societies in harmony with nature” at the 12th International Forum for Sustainable Asia and the...
ブックチャプター
Implementing the Satoyama Initiative for the benefit of biodiversity and human well-being所収
著者:
Kozar
Raffaela
Primary production, including agriculture, aquaculture, forestry and fisheries is the strongest driver of biodiversity loss globally. It can, however, contribute to biodiversity conservation if wisely managed such as in ‘Satoyama’ and ‘Satoumi’, or socio-ecological production landscapes and seascapes (SEPLS), where production activities support...
ブリーフィングノート
2020年11月23日から12月4日にかけて国連気候変動条約(UNFCCC)主催のClimate Dialogue2020が開催された。通常であれば、毎年この時期にはUNFCCC締約国会議(COP)が開催されるが、新型コロナウイルスの影響で翌年に延期とになったため、交渉を含まない形で、モメンタムの維持のため、本会議が開催された。IGES適応チームでは、本会合に参加し、IISDのデイリーレポート 等を参考に、適応に関する議論について取りまとめた。なお、本レポートは速報版であり、今後内容の変更・追記が予定されている点、ご了承いただきたい。
査読付論文
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America所収
著者:
Arneth
Almut
Shin
Yunne-Jai
Leadley
Paul
Rondinini
Carlo
Bukvareva
Elena
Kolb
Melanie
Midgley
Guy
Oberdorff
Thierry
Palomo
Ignacio
Recent assessment reports by the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) and the Intergovernmental Science-Policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES) have highlighted the risks to humanity arising from the unsustainable use of natural resources. Thus far, land, freshwater, and ocean exploitation have been the chief...
ブリーフィングノート
This briefing note overviews key international biodiversity processes, products and events in 2020 and 2021. Geared especially for those who are less familiar with the topic, it covers ongoing developments with respect to the post-2020 global biodiversity framework (GBF); key meetings of the Convention on Biological Diversity (CBD); the UN...
ポリシーレポート
プラスチックの生産と消費パターンの拡大、とりわけ使い捨てプラスチックや不適切なプラスチック廃棄物の処理に伴い、海洋生態系でのプラスチック廃棄物の蓄積が急増している。海洋のプラスチック汚染の主たる原因(海洋ゴミの約80%)は陸上から海へ流出するプラスチックである事が知られており、海洋のプラスチック汚染は世界的な関心を集める課題となって多くの政府や自治体が対応策を模索している。 より環境にやさしく持続可能なプラスチックの生産と消費を行う社会を実現するには、様々な利害関係者の参加と監視・評価に基づく長期的な取り組みが必要である。その第一ステップとして本レポートは、利害関係者の参加を促進し、国の廃棄物処理方針に沿った廃プラスチックを抑制する包括的な計画の開発を提言する。そのため、IGES-CCET...
プレゼンテーション
These slides were used for a video commentary on the main takeaways of the 75th Session of the United Nations General Assembly (UNGA75), which was held virtually for the first time in the history of the UN in 2020. There are two versions of the video commentary available (short and extended) and they provide insight into the five crises of focus...
査読付論文
Inland Waters所収
著者:
Zadereev
Egor
Lipka
Oksana
Karimov
Bakhtiyor
Krylenko
Marina
Elias
Victoria
Sousa Pinto
Isabel
Alizade
Valida
Anker
Yaakov
Feest
Alan
Kuznetsova
Daria
Salimov
Rashad
Fischer
Markus
This review of trends in inland saline lakes of Europe and Central Asia is based on the relevant section of the Intergovernmental Science-Policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES) Regional Assessment Report for Europe and Central Asia (ECA). We assessed the present status of ECA saline lakes and the effects of direct drivers...
ワーキングペーパー
JCM-SDGs linkage guidance can be utilized to identify and analyse how the JCM projects contribute to achieving the SDGs. It shows linkages between JCM project types and SDG Targets. Measuring JCM project contributions to the SDGs would support a company’s internal communication and decision-making towards integration of the SDGs and business...
キーワード: