140件中 1~10件 (日付順)
研修用教材
IGES has been collaborating with Shabondama Soap., Ltd., the City of Kitakyusu, the University of Kitakyushu, and the University of Palangka Raya to implment the SDGs Verification Survey funded by the Japan International Cooperation Agency (JICA), titled as "Disseminating Japanese Technologies to Extinguish Forest and Peatland Fire Using...
委託報告書
著者:
東京都 環境局
さいたま市 都市戦略本部
マレーシア工科大学 低炭素アジアリサーチセンター
本報告書は、東京都とさいたま市との都市間連携を通してクアラルンプール市(以下、KL市)が進める、ゼロエミッション実現のための活動とこれまでの成果を示す。 KL市は東京都とは2019年度から、さいたま市とは2022年度から建築物の低炭素化に資する制度や事例について情報を共有してきた。今年度は、カマルザマンKL新市長(令和5年4月就任)の訪日の折に、竣工したばかりの東京都内の脱炭素ビル「麻布台ヒルズ」とさいたま市の美園地区の「スマートホーム・コミュニティ」に加えて、を視察する機会も提供した。 更に東京都が2025年度の施行に向けて準備を進める「新築住宅を供給するハウスメーカー等に屋根へのソーラーPVの設置と高断熱化を義務付ける条例」の制度内容...
キーワード:
委託報告書
セメント産業は、世界で3番目に大きなエネルギー消費産業で、2番目に大きなCO2排出産業である。経済発展が著しい開発途上国諸国において、セメントはインフラ開発において基礎を成す重要な産業であるため、セメント産業を持続可能な形に移行していくことは、脱炭素社会の実現に向けて避けて通れない重要課題である。本調査は、北九州市と西ジャワ州との都市間連携の下、両国の関連自治体、企業、中央政府機関等のステークホルダーと連携して、この重要課題に取り組み、具体的なソリューションを提示することを目的に実施したものである。
査読付論文
Planning Practice and Research 所収
著者:
Pineda
Alejandro
Almazán
Jorge
Although the suburbs of numerous cities worldwide are shrinking, research on how to address suburban decline remains scarce. This paper explores participatory mapping in shrinking suburbs as a tool to articulate knowledge co-creation between local officials and communities to inform planning decisions. The paper argues that participatory planning...
キーワード:
委託報告書
This is the final report of the city-to-city collaboration between EU cities (including one from the UK) and Japanese cities under the International Urban and Regional Cooperation (IURC) Asia and Australasia. During 2021-2023, thirteen EU cities (including one UK city) from ten countries and ten Japanese cities participated in the project and...
プレゼンテーション
第15回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラムのポスターセッションにて発表
インドネシアの中央カリマンタン州において実施している「環境配慮型石けん系泡消火剤を用いた森林・泥炭地火災の消火技術普及・実証事業」に関する活動概要である。シャボン玉石けん株式会社、北九州市立大学、北九州市消防局、地球環境戦略研究機関(IGES)が、パランカラヤ大学をカウンターパートとして、国際協力機構(JICA)のSDGsビジネス支援事業として、2023年5月~2025年5月において実施している。シャボン玉石けんが開発した石けん系泡消火剤の消火性能、環境性能、社会経済性を実証するとともに、現地に適合した普及方法を調査している。 本ポスターは、IGES主催の「第15回持続可能なアジア・太平洋国際フォーラム」(2023年12月に、於:横浜)のポスターセッションにおいて発表された。
キーワード:
レポートチャプター
The Climate Technology Progress Report 2023 所収
著者:
Ting
Marie Blanche
Larsen
Hendrik
Somavilla
Lucas
Thinphanga
Pakarnas
Understanding institutional settings and governance processes is critical to the effective delivery of climate technology solutions for low-carbon and climate-resilient development in Asian cities. Creating the appropriate enabling environment for the development and transfer of climate technologies becomes imperative in this context. This requires...
レポートチャプター
Sixth ASEAN State of the Environment Report所収
著者:
Zed
Abdullah
Karim
Fakri
Machano
Jaffer
• By 2050, more than half the population of most ASEAN Member States (AMS) will live in cities, and by 2035 the ASEAN region will have at least five mega-cities. • Cities are a laboratory of local and global challenges and solutions, and ASEAN cities are frequently frontrunners in developing sustainable (model) cities, with multiple good practices...
ポリシーレポート
編者:
The ASEAN State of the Environment Report (SOER) is a regular flagship publication of the ASEAN Senior Officials on Environment (ASOEN) which is periodically published every 3-5 years. The SOERs present a comprehensive review of the state and trends of the environment, the pressures on it and the drivers of those pressures, and the national and...
コンファレンスペーパー
17th International Conference of the European Association for Japanese Studies
Nationwide ageing and dramatic depopulation threaten the survival of many Japanese small-sized towns and villages. To address this challenge—which is not unique but that in Japan is compounded by uneven urbanization patterns and increasing ruptures within the socioeconomic order—the Government of Japan is encouraging municipalities to adopt a pro...
キーワード: