5件中 1~5件 (日付順)
ポリシーブリーフ

本ポリシー・ブリーフでは、2017年以降に急激に変化している廃プラスチックの国際的なマテリアルリサイクルルートの動向や課題を整理し、今後想定される展開について考察を行うとともに、安定的な廃プラスチックのマテリアルリサイクル確保に向けた政策提言を行う。本ポリシー・ブリーフは、貿易統計データを基に、日本国内の廃プラスチック輸出業者、産業廃棄物処理業者、リサイクル業者等へのヒアリングを通じて作成を行った。

ポリシーブリーフ

This policy brief surveys the trends and issues related to international material recycling routes for plastic scrap exported from Japan that have been rapidly changing since 2017, considers potential future developments, and proposes policy recommendations for securing a stable and environmentally sound material recycling process for plastic scrap...

ポリシーブリーフ
IGES Policy Brief

Although it is more than decade since the passing of the Ecological Solid Waste Management Act of 2000 (RA 9003) in the Philippines, creating policy direction towards the establishment of a sustainable solid waste management system, its implementation is still very limited at the local government unit (LGUs) level. This policy brief therefore...

ポリシーブリーフ

一般に、途上国の多くの都市における最大の環境問題の一つは、不適切な廃棄物管理である。インドネシアのスラバヤ市もそのような深刻なごみ問題を抱える都市の一つであったが、2005年頃からの効果的な対策の実施により、4〜5年で廃棄物発生量を20%以上削減するという成果を成し遂げた。具体的には、市内に十数ヶ所の堆肥化施設(コンポスト・センター)を立ち上げ、住民に何千もの家庭用堆肥化容器(コンポスト・バスケット)を配布し、積極的に堆肥化の取り組みを推進した。また、市内のNGOや民間企業、新聞社との協力の下、地域緑化・美化キャンペーンを展開し、住民や地域団体を積極的にごみ削減活動に巻き込んできた。特筆すべきは、この一連の活動に市が費やしたのは廃棄物管理費全体の1〜2%のみという点である。

この事例は...

ポリシーブリーフ

Solid waste management is a common, as well as a primary, environmental concern for many cities in developing countries. Despite the fact, Surabaya City, the second largest city in Indonesia with a population of three million, has successfully reduced its waste generation by more than 20% over a short period of time. The city has intensively...