122件中 1~10件 (日付順)
プレゼンテーション

Japan’s recent policy response to critical materials issues

5th Meeting of OECD Working Party on Resource Productivity and Waste
著者:
MURAKAMI
Shinsuke
イシューブリーフ
編者:

The overall objective of the REDUCTIONS project is to identify the potential for absolute resource and energy use reduction in production-consumption systems at all levels and to explore ways to realise this potential. The project has the ambition to generate knowledge-for-action and aims to propose science-based policies and strategies with a high...

プレゼンテーション

Sustainable Consumption and Production - waste management and lifestyles

プレゼンテーション
第 30 回 OECC 海外環境協力セミナー MDGsから SDGsへ (ポスト 2015 に向けた環境・開発・援助を巡る国際議論の動向)

2012年に開催された国連持続可能な開発会議(RIO+20)において、「持続可能な消費と生産(SCP)に関する10年枠組み(SCP 10YFP)」がSCPおよび資源効率に向けた国際協力の枠組みとして採択されました。また、SCPは、SDGsに関する国際的な議論でも、重要なゴールの一つとして提案されています。当研究所はSCPをSDGsに位置づける議論をリードする役割を果たしてきており、これを踏まえて、SCPのSDGsでの位置づけや欧州での関連動向などを紹介します。

プレゼンテーション

Japanese policies on 3Rs and the 'sound material cycle society'

Towards Resource Efficiency: Innovation and Remanufacturing UNEP International Resource Panel Workshop
プロシーディングス
19th Annual Meeting of Society for Environmental Economics and Policy Studies

本研究では、2012年度以来3年間の予定で、リサイクルシステムの持続可能性評価を、環境・経済・社会的な視点から評価するための分析枠組みの開発を試みている。本研究では、まず日本の家電リサイクル法の下でのリサイクルメカニズムを事例に、環境、社会、経済という持続可能性の各側面を評価するための定量分析手法の開発を、ライフサイクル分析の手法を用いて行った。その上で、台湾、中国、インドについても、廃電気・電子製品のリサイクルメカニズムの実態について、調査し、同様の手法の応用を試みているところである。最終的には、国際比較を行うことで、国際資源循環を含む、適正な資源循環の在り方について提言することを目指している。

本発表では、上記の研究の中から...