1289件中 1~10件 (日付順)
ワーキングペーパー
著者:
Prasad
Sumit
Bhasin
Shikha

This study performs a comparative analysis of the two existing monitoring and evaluation (M&E) methodologies , Capacity-Building Assessment Matrix (CBAM) and Greenhouse Gas Inventories (GHGI) Capacity Indices , both of which aim at undertaking quantitative assessments of capacity-building efforts for climate reporting aspects. In the study...

ポリシーレポート
著者:
Doi
Akira
Shoji
Yoshiko
Uchida
Haruko
Osaki
Asako
Saito
Mariko
Sugawara
Emi
Fujino
Shinya

Based on the results of a survey conducted in October-November 2021, this report provides an analysis of the level of awareness and penetration of the SDGs among GCNJ member companies and organisations, as well as progress on five of the global goals: SDG 5, (Gender Equality), SDG 8 (Decent Work and Human Rights), SDG 13 (Climate Change), and SDG16...

キーワード:
ポリシーブリーフ
著者:
Benjamin
Precious
Cruz
Jazel Nico
Espita-Casanova
Dang

This policy brief aims to answer a critical question: how can policymakers, civil society, and researchers address air pollution, climate change, and socioeconomic equity with inclusive solutions?  The brief argues that much of the answer will involve reframing how policymakers, civil society groups, and researchers perceive the interrelationship...

ブックチャプター
著者:

 世界経済の成長センターとなってきた東アジアが様々なリスクにさらされています。緊張が高まる台湾海峡や朝鮮半島といった伝統的な安全保障リスクだけではありません。中国の台頭などによるパワーシフトと戦後の国際秩序の揺らぎが地政学的リスクを増大させ、「新冷戦」とも称される米中の大国間競争の影響が地域の経済や産業、科学技術、文化、教育など多方面に及び始めています。米ソの冷戦の最前線が欧州だったのに対し、「新冷戦」の最前線は東アジアだとの見方があります。
 この地域の著しい技術革新や産業経済の発展自体も新たなリスクをもたらしています。人工知能(AI)などのデジタル技術の発展はさらなる経済成長のエンジンとなる一方、人々の想像を超えて、経済社会の在り方そのものを変える可能性があります...

イシューブリーフ

The long-standing relationship between Japan and India forms a favourable precursor for the countries to collaborate further under the Article 6 mechanisms of the Paris Agreement. While Japan’s support to India for promoting low-carbon technology and clean energy use can help minimise carbon emissions, the partnership will in turn give greater...

査読付論文
Journal of Environmental Information Science所収
著者:
SHIMIZU
Noriko
IKEGAMI
Masako

This study intends to identify conditions that determine the characteristics of donors who allocate a larger share of Official Development Assistance (ODA) to climate change mitigation (mitigation ODA) following the adoption of the Paris Agreement. The study uses fuzzy-set qualitative comparative analysis (fsQCA) which allows us to examine...

ワーキングペーパー

This paper provides an overview of progress on carbon taxes, emissions trading schemes (ETS) and voluntary carbon crediting mechanisms in Asia, identifying relevant policy gaps and giving suggestions based on the lessons and experiences with pertinent policy practices in this region. Overall, carbon pricing practices in Asia are still at an early...

キーワード:
テクニカルレポート
著者:
Riano
Carlos

This report covers the technical assessment of the voluntary submission of Thailand on its proposed forest reference emission level (FREL) and forest reference level (FRL) in accordance with decision 13/CP.19. The author at IGES (Chisa Umemiya) served as a member of the technical assessment team.

ワーキングペーパー

電力需要・電源設備容量が2018年度実績値又は2030年度エネルギー需給見通し(以下、2030需給見通し)見込値と同量を想定するシナリオに対して、発電コスト検証ワーキンググループ(以下、発電コスト検証WG)が想定する燃料費用及びCO2対策費用を発電ユニットごとに課す条件を与えて、実潮流に基づく電力系統運用(1時間毎の価格シグナルを用いたメリットオーダー方式による広域電力系統運用)をシミュレーションすると、2018年度実績値や2030需給見通し見込値よりも石炭火力の発電電力量が小さくなる代わりに、ガス火力の発電電力量が大きくなることが確認された。

そのため、2030年度までに再稼働できる原発の基数が2030需給見通しの見込値よりも小さくなっても(本分析では...

ポリシーレポート
著者:
土井
庄司
良子
内田
晴子
大崎
麻子
斎藤
万里子
菅原
絵美
藤野
真也

本レポートでは、2021年10~11月に行った調査結果の集計・分析に基づき、会員企業・団体のSDGsの認知・浸透度のほか、国連グローバル・コンパクトが重視するSDGsのゴール5、8、13、16と、日本企業で取り組みの加速が期待されるゴール12の計5つのゴールの取り組みの進捗について、各分野の専門家による分析・考察が含まれています。5つのゴールの分析・考察にあたり主題にしたテーマは、企業・団体の活動にとって重要な「ジェンダー平等」、「はたらきがい・人権」、「気候変動」、「腐敗防止」、「循環経済」になります。
(※2022年4月4日に一部誤りを訂正したファイルに差替えました。)

【「SDGs進捗レポート 2022」のハイライト】