15件中 1~10件 (日付順)
委託報告書

本調査では、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、フィンランド及びフランスの 5 カ国を対象に、各国の持続可能な開発目標(SDGs)の①実施体制、②進捗状況の評価方法、③その 他独自の取組を調べた。これらの国は持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)とベルテルスマン財団が発表している SDG 指数等、SDGs の進捗状況に関する世界ランキ ングで常に上位につけている。これらの国の実施体制や進捗状況の評価方法等を理解する ことは、日本を含む他の国々における SDGs の実施を強化するのに有益と考えられる。 調査は、机上調査と聞き取り調査を組み合わせる手法をとった。机上調査では、各国の自発 的国家レビュー(VNR)、SDGs 行動計画、その他の関連文書を精査した。さらに、5...

プレゼンテーション
HLPF2019 IGESSide Event “From Science to Implementation: Strengthening the Science Policy Interface (SPI) to Integrate Climate Change, Resilience, and the SDGs” on 11thJuly 2019, UNHQ, NY

HLPF2019 IGESSide Event “From Science to Implementation: Strengthening the Science Policy Interface (SPI) to Integrate Climate Change, Resilience, and the SDGs” on 11thJuly 2019, UNHQ, NY

プレゼンテーション
First Sub-Regional workshop on Preparation of status Report and Sub-regional Roadmap for Implementing the Global Waste Management Goals toward Addressing SDGs in South Asia
著者:

Home to roughly 1.8 billion people, South Asia generates approximately 334 million tonnes of waste per year of which 174 million tonnes (57%) is organic in content. In addition to the increase in municipal solid waste, managing complex and emerging waste streams, including e-waste, food waste, construction and demolition waste, disaster waste...

プレゼンテーション
Training Programmme on Climate Change for Bhutanese Policymakers

In collaboration with the Institute for Global Environmental Strategies, Japan (IGES), NIES has worked with Bhutan for years to address the adverse impacts of climate change. On February 5-8, 2018, IGES delivered a training program for policymakers, and the Asia-Pacific Climate Change Adaptation Information Platform (AP-PLAT) coordinated lectures...

広報物

「アジアの環境重大ニュース」は、IGESが1998年の設立以来、その研究ネットワークを生かして毎年末に発表しているものである。2010年度版では、アジアにおける重要な環境トピックとして「地球温暖化」「生物多様性」「持続可能な消費と生産」の3つに焦点を当てて、アジア太平洋地域の国際機関・21カ国からニュースを収集した。

Remarks:

English version is available at:
http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=3144

広報物

With the goal of reporting environmental issues and actions on the formation of sustainable societies in the Asia-Pacific region, since 1998 the Institute for Global Environmental Strategies (IGES) has gathered and compiled news on environmental issues and policies and released them annually as the top environmental news in the Asia-Pacific.

This...

広報物

The 2009 edition of "Top News on the Environment in Asia" highlights three areas of significance for Asia under the section headings Global Warming, Biodiversity, and Sustainable Consumption and Production, and reports the important developments of 2009 as selected, for their own countries and for the region, by environment experts from...

広報物

「2009年アジアの環境重大ニュース」では、アジアにおける重要な環境トピックである「地球温暖化」、「生物多様性」、「持続可能な生産と消費」の3つに焦点を当て、国際機関とアジア太平洋地域23ヶ国の環境専門家が選んだ自国や地域内における2009年の重大ニュースを掲載している。

Remarks:

English version is available at:
http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=2687

レポートチャプター

The Emerging Need for Sharing Environmental Product Information and Reconsidering the Producers' Informative Responsibility

Extended Producer Responsibility Policy in East Asia - in Consideration of International Resource Circulation -所収
広報物

財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)では、アジア太平洋地域の環境問題や持続可能な社会の形成へ向けた動きを紹介することを目的として、環境問題と環境政策の動向を収集・整理し、1998年から毎年、アジア太平洋地域における環境重大ニュースとして公表している。
2008年のアジアの環境重大ニュースでは、3機関、24ヶ国から合計127件のニュースを収集することができた。これらのニュースは、必ずしも各国や機関等の公式見解ではないが、環境分野の協力機関または各国の専門家によって選定されたものであり、アジア太平洋地域における最近の環境問題を巡る主な動向がまとめられている。

Remarks:

English version:http://enviroscope.iges.or.jp/modules...