1525件中 1~10件 (日付順)
プレゼンテーション
第15回日本LCA学会特別セッション(オンライン)
3月12日に、日本LCA学会のオンラインセッションが開催され特別セッション「持続可能な消費と生産パターン転換のための政策デザインとLCA」が開催された。堀田は、パネリストとし不確実性が高い状況下で、政策研究に求められる役割について」と題して、各発表を受けてのコメントを行った。
プレゼンテーション
第二回IGESイブニングフォーラム
・グローバルフードシステムは主要な人為的GHG排出源の一つ ・グローバルフードシステムからのGHG排出の内、森林の農地への転換からの排出が大きい ・地球温暖化は農林業へのインパクトを通じて食糧安全保障リスクを増大させる ・地球温暖化を1.5℃以内に抑えるためには、大規模な植林、BECCSが必要とされるが、これも食糧安全保障リスクを増大させる ・農地への転換からの排出削減(=ゼロ・ディフォレステーション)のため、民間主導の取組が進められている。政府の役割はどのようなものが考えられるか?
プレゼンテーション
第9回 OECC/SuSPCA 合同セミナー「海洋プラスチックゴミ問題と廃棄物管理」
第9回OECC/SuSPCA 合同セミナー「海洋プラスチックゴミ問題と廃棄物管理」における、欧米とくにEUにおけるプラスチック対策に関する報告発表
プレゼンテーション
Closing Event of JICA Partnership Programe on Solid Waste Management Project for Promoting Segregation and Recycling in Da Nang CityClosing Event of JICA Partnership Programe on Solid Waste Management Project for Promoting Segregation and Recycling in Da
著者:
Tsukiji
Makoto
Lessons learnt from the JICA 3R Partnership Project was presneted. Also, the possible ideas for the next phase of the project was presented.
プレゼンテーション
Expert group meeting on establishing the ASEAN Resources Panel
As a follow-up to the 30th Meeting of ASEAN Senior Officials on the Environment last July, UNSCAP and ASEAN organized Expert Group Meeting on establishing the ASEAN Resources Panel on 18-19 December, at the United Nations Conference Centre in Bangkok. The recommendation to establish this panel has been featured in the report “Complementarities...
プレゼンテーション
UNITAR CIFAL Jeju Workshop on Gender & Environmental Sustainability in the Asia-Pacific Region
著者:
UNITAR facilitated its workshop on the Gender and Environmental Sustainability in the Asia-Pacific Region from 3rd to 6th of December 2019 and invited IGES to lecture for the Session 1: Environment Meets Gender as well as Session 2: Why Gender-Sensitive Approach is Important?. The sessions supported participants, from 12 different Asian countries...
プレゼンテーション
2019年末にマドリッドで開催されたCOP25においても、気候資金を如何に動員するかという議論が行われた。特に民間資金の規模の拡大は重要なテーマとなっている。この観点から、本資料では、金融界は2℃目標に向かってどう動いているかという観点から情報を整理している。 まずは、COP25において気候資金に関してどのような国際交渉が行われているかを整理している。つぎに、グローバルな投資家が気候変動のリスクや機会を踏まえてどのような対応をはかっているかについて具体的な事例を紹介している。目を日本国内の金融界に目を転じ、(1)日本企業による「気候変動関連財務情報開示タスクフォース(TCFD) 提言」への対応、(2)日本においてESG推進役となっている年金積立管理運用独立行政法人の対応、(3...
プレゼンテーション
Sea of Solutions 2019
To be successful, solutions to marine plastic pollution must take into consideration institutional, legal and regulatory frameworks at international, regional and local levels. Consideration of these frameworks is not relevant to governments only. To be fully effective, they must be embraced and leveraged also by development actors, private...