13件中 1~10件 (日付順)
委託報告書
東京大学未来ビジョン研究センター・グローバルコモンズセンターにおける食料バリュ ーチェーンにおける環境負荷等の見える化プロジェクト活動を推進するために、本業務では、ベトナムにおけるコーヒー及びガーナにおけるカカオを対象とし、以下の調査・研究業務を実施した: バリューチェーンの構造調査・分析、同バリューチェーンにおける環境・社会・経済面の課題調査・ 分析、並びに同課題の改善・解決策の検討 バリューチェーンにおける環境・社会・経済面の課題に対する改善・解決策の定量・定性的な効果 検証 環境負荷等の見える化に向けたサステナビリティ評価モデル策定支援 本報告書は、以上の業務の成果を取りまとめたものである。
データ/ツール
IGES Joint Crediting Mechanism (JCM) Database provides detailed information on the JCM methodologies, projects, and JCM feasibility studies to be utilized for research and development of JCM project. The JCM is being implemented under bilateral cooperation between Japan and 29 partner countries: Mongolia, Bangladesh, Ethiopia, Kenya, Maldives, Viet...
テクニカルレポート
著者:
ABDEL-AZIZ
Amr Osama
DANILA
Ana-Maria
FEYZIYEV
Toghrul
GLADE
Olia
KHALEEL
Zammath
KINYANJUI
Mwangi James
ORTEGA
Juan Luis Martin
OMAMBIA
Anne Nyatichi
SOOKUN
Anand
YU
Vicente Paolo
This technical summary report presents the results of the technical analysis of biennial update reports of Zambia submitted in 2020, conducted by a team of technical experts in accordance with the modalities and procedures contained in the annex to decision 20/CP.19. The author at IGES (Chisa Umemiya) served as one of the co-leads.
キーワード:
プレゼンテーション
本プレゼンテーションは、2021年7月16日に開催された「気候変動ウェビナーシリーズ:カーボンプライシングの国内外の動向」の発表資料です。 途上国における動向として、世界銀行の市場メカニズム準備基金を通したチリ、メキシコ、南アフリカの取り組みを解説しています。
査読付論文
Water所収
著者:
Molekoa
Mmasabata Dolly
Avtar
Ram
Minh
Huynh Vuong Thu
Sahu
Netrananda
Verma
Ram Lal
Yunus
Ali P.
Considering the well‐documented impacts of land‐use change on water resources and the rapid land‐use conversions occurring throughout Africa, in this study, we conducted a spatiotemporal analysis of surface water quality and its relation with the land use and land cover (LULC) pattern in Mokopane, Limpopo province of South Africa. Various physico...
査読付論文
Geocarto International所収
著者:
Operational monitoring of vegetation and its response to climate change involves the use of vegetation indices (VIs) in relation to relevant climatic data. This study analyses the temporal variations of vegetation indices in response to climatic data (temperature and precipitation) to better understand the phenological changes in the Wa-West and...
査読付論文
Geocarto International所収
著者:
Operational monitoring of vegetation and its response to climate change involves the use of vegetation indices (VIs) in relation to relevant climatic data. This study analyses the temporal variations of vegetation indices in response to climatic data (temperature and precipitation) to better understand the phenological changes in the Wa -West and...
委託報告書
途上国の森林減少・劣化に由来する温室効果ガス排出の削減等(以下「REDD+」という。)は重要な気候変動対策であり、気候変動に関する国際連合枠組条約の第21回締約国会議(COP21)で合意された「パリ協定」にもその実施と支援を奨励することが明記されたところである。 REDD+の推進には、途上国に対する資金と技術の提供が必要とされているが、公的資金には限界があることから、今後、REDD+の取組みを拡大していくには、民間セクターからの資金や技術の提供が鍵となる。しかしながら、民間セクターがREDD+に対して投資するには、排出削減クレジットが獲得できる等のインセンティブが必要(①)とされる。また、途上国がREDD+を実施するには、COP決定を踏まえつつ、各々の国情に応じた排出削減量の算定...
リサーチレポート
An inductive approach for the evidence of climate change adaptation and disaster risk reduction synergies of interventions: Challenges and opportunities
Here are some takeaway messages from our work on climate change adaptation (CCA) and disaster risk reduction (DRR) synergies of interventions. 1. There is an overwhelming agreement on and evidence for CCA and DRR synergies of DRR and CCA interventions respectively. CCA synergies were high when skill development and livelihood development activities...