World Resources Institute

10件中 1~10件 (日付順)
ワーキングペーパー
本ペーパーでは、COVID-19からの持続可能でレジリエントな回復と、グローバルな目標に沿ったより長期的な経済のリデザインに貢献するために、各国政府がすでに実施している戦略の優良事例を紹介し、さらなる行動への提言を行う。本ペーパーの読者として想定するのは、国レベル、地方レベルの実務者や政策立案者である。本ペーパーは、COVID-19からの回復とその後の社会形成に向けて、気候政策と環境政策を統合するための各国の取り組みや計画を共有するためのハブとして環境省が2020年9月に立ち上げた「リデザイン2020プラットフォーム」内の情報と、これらのトピックに関する最新の外部研究を活用し、持続可能な復興とリデザインを可能にする政策の枠組み作りと優先順位付けに環境省が役立てようとしている3つの移行...
ワーキングペーパー
This paper provides good practice examples of strategies that governments have already implemented to contribute to a sustainable and resilient recovery from COVID-19 and to a longer-term redesign of their economies, which align with global goals and makes recommendations for further action. The target audience is national- and subnational-level...
ポリシーレポート
著者:
NAKHOODA
Smita
FRANSEN
Taryn
CARAVANI
Alice
PRIZZON
Annalisa
TILLEY
Helen
HALIMANJAYA
Aidy
WELHAM
Bryn
気候変動対策のための途上国への資金支援については、2009年の国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)第15回締約国会議にて留意されたコペンハーゲン合意において、先進国締約国は2つの目標を打ち出した。一つは「長期資金」(LTF: Long-Term Finance)として2020年までに多様な財源から年間計1000億米ドルを動員すること、そして二つ目は「短期資金」(FSF:Fast-Start Finance)として2010年から2012年までの3カ年で計300億米ドルの「新規かつ追加的」な支援を動員すること、であった。 このFSFは、途上国における緩和及び適応対策に十分な資金を調達するための長い道のりの中の第一歩であった。FSF実施期間は、世界的金融危機の発生後であり...
データ/ツール
著者:
World Resources Institute
Overseas Development Institute
Climate Advisers
This workbook contains data from a detailed review of the 2010-2012 fast-start finance (FSF) contributions of five countries reporting the largest FSF contributions (Germany, Japan, Norway, the UK, and the USA) and from a supplemental review of the remaining FSF contributions from 31 additional countries and the European Commission. The database is...
ポリシーレポート
著者:
NAKHOODA
Smita
FRANSEN
Taryn
CARAVANI
Alice
PRIZZON
Annalisa
TILLEY
Helen
HALIMANJAYA
Aidy
WELHAM
Bryn
Developed countries committed to provide US$ 30 billion in new and additional climate finance between 2010 and 2012 under the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC). This ‘Fast-Start Finance’ (FSF) was an initial step towards mobilising climate finance at a level that reflects the adaptation and mitigation challenges these...
ディスカッションペーパー
著者:
BARUA
Priya
TAWNEY
Letha
WEISCHER
Lutz
This paper examines the development of the solar PV and wind industries across China, Germany, India, Japan, and the United States from 2001–2011. It takes a unique, comparative approach to track the policies and incentives put in place by these key competitors, documents the state of play in each market, and determines what policy strategies seem...
ディスカッションペーパー
著者:
NAKHOODA
SMITA
FRANSEN
TARYN
Japan’s fast-start finance (FSF) commitment is one of the largest amongst developed countries, but it is important to consider the contents of this commitment. Japan has played a significant role in global efforts to finance climate change activities in developing countries, and its FSF commitments account for almost half of the FSF that developed...