Integrated Product Policy (IPP)

7件中 1~7件 (日付順)
委託報告書

適正な国際資源循環を目指した製品中の有害物質及び有用物質の管理のあり方に関する研究(K2116)

Second year research report for the 3 year research project on "management of valuables and hazardous materials in products aiming for environmentally sound international resource circulation" funded by the scientific research grant for promotion of sound material cycle society.
プレゼンテーション
5th Internatonal Conference on Industrial Ecology "Transition Towards Sustainability", 21-24 June 2009, Lisbon, Portugal
Waste Electrical and Electronic Equipment (WEEE) contains both hazardous chemicals and valuable metals, and its combination is a challenge for the recycling process due to the potential risks to human health and the environment and value of resources. Safe and efficient resource recovery requires, in turn, that improved information on embedded...
委託報告書

『適正な国際資源循環を目指した製品中の有用物質および有害物質の管理のあり方に関する研究』

First year research report for the 3 year research project on " management of valuables and hazardous materials in products aiming for environmentally sound international resource circulation " funded by the waste management research grant of Ministry of the Environment of Japan.
ディスカッションペーパー
IGES Kansai Research Centre Discussion Paper
In order to achieve sustainable society, it is necessary to transform industrial structure to the one that does not reduce the Earth's resources. Under this circumstance, a business model of "not selling goods, but selling services" has been expected as a measure of co-existence of business and the environment. This idea, which is called as...
ディスカッションペーパー
持続可能な社会を築くためには、産業構造を転換し、地球の資源を減少させないようにすることが課題となっている。このような中で「モノを売らずにサービスを売る」というビジネスモデルは、産業と環境が両立する方策として期待されてきた。「製品サービスシステム(Product-Service Systems: PSS)」や「サービサイジング」等と呼ばれるこのアイデアは、欧米や国際機関で研究され、日本にもおいても研究されつつある。 しかし、PSSのアイデアは、未だ有効に政策展開されていない。その大きな原因は、PSSのコンセプトが未発達なところにある。コンセプトが不十分なままにして、研究者は科学的分析に取り組み、政策担当者は新規政策として活用しようとしているため、関係者の間では混乱が生じている...