Joint Implementation

4件中 1~4件 (日付順)
ワーキングペーパー
• 京都メカニズム第一約束期間(2008年~2012年)の間に、全ての附属書I国が他国から取得(償却及び繰越)した京都メカニズムクレジットはおよそ54億トンであった。そのうち、33%は実削減を伴わないプロジェクトからのクレジットであった。内訳として、ホットエアーAAUの取得が13%、追加的な排出削減に基づかないとみなされる(以下、追加性のない)ERUが13%、追加性のないCERが7%であった。実削減を伴わないクレジットの利用によって、温室効果ガス(GHG)削減活動が進まないばかりか、国内の排出量が増加してまった事例も見受けられた。 • 実削減を伴わないクレジットを排除する措置として、クレジットの需要側では、一部のプロジェクトタイプからのクレジット取得が制限され、クレジットの供給側では...
委託報告書
Remarks:In collaboration with Wuppertal Institute & commissioned by MoEJH16年度環境省委託事業(協力:ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所)
事業報告
The research activity of the Climate Change Project in the first phase of IGES research was carried out focusing on the policy proposals responding to the process of UN Framework Convention on Climate Change and the Kyoto Protocol. Emphasis was put on the system design of the Kyoto Mechanisms such as emissions trading or the clean development...