Carbon Credit

9件中 1~9件 (日付順)
データ/ツール
This pamphlet offers a description of IGES’s set of Climate Databases. Having been developed in some cases over more than 10 years, the Databases compile unique data about climate change policies and sustainable development projects, and offer in-depth insights through analytics, summary and figures. All Databases are freely accessible online using...
査読付論文
Energy Policy所収
著者:
Kato
Takaaki
This study explores the motivation of domestic and international interregional collaboration on climate change mitigation through carbon crediting by Japanese local governments, using a social survey. In particular the authors evaluate the current state and difficulties in promoting climate change mitigation in developing countries through...
ディスカッションペーパー
EcoBalance 2010, 12 Nov. 2010
著者:
Kato
Takaaki
We conducted a social survey in the Japanese cities of Yokohama and Kitakyushu and classified citizens into groups regarding attitudes and behavior on climate change and developmental cooperation, identifying each group’s state of support to international intercity cooperation for the environment. The survey not only collected relevant attitudinal...
リサーチレポート
温暖化をはじめ地球環境問題の解決に多額の資金が必要となる今世紀、これまでにない世界規模の資金調達方策が求められる。本書は現在までの議論の経緯を概観し、国際炭素税をはじめ世界で提案されている42の資金メカニズムを分類・評価。今後の国内外での議論に基礎情報を提供する。 目次 序章:気候変動対策のための資金調達を考える 第2章:気候変動対策への資金調達の必要性および必要となる資金規模 第3章:気候変動分野・開発分野における現在までの交渉・議論の経緯 第4章:評価軸の設定:資金メカニズムを検討するうえで必要となる視点 第5章:気候変動および開発分野における各種資金メカニズム提案の概要と評価  炭素税型/排出量取引制度からの調達型/通貨取引税型/輸送課税・負担金賦課型/  国家予算による資金拠出...
ポリシーブリーフ
1997年に採択された京都議定書は、先進工業各国毎に異なる温室効果ガスの排出抑制・削減義務を課し、第一約束期間中(2008〜12年)に先進工業国全体として温室効果ガスを1990年比で少なくとも5%削減することを目標として定めている。国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局が、2006年5月にとりまとめた京都議定書目標達成に向けた進捗状況に関する報告書(FCCC/SBI/2006/INF.2)によると、議定書批准先進工業諸国の2003年の総排出量は、経済移行国で経済活動が停滞したため、1990年比で6.2%減少し、先進工業諸国全体での削減目標については達成できそうな見通しである。他方で、各国の状況を個別に見てみると、日本やEUの一部の国は、目標達成が危うい状 況にある。...
ポリシーブリーフ
The Kyoto Protocol, adopted in 1997, committed industrialised countries to accept legally-binding targets to reduce greenhouse gas (GHG) emissions collectively by an average of 5% below 1990 levels in the first commitment period from 2008 to 2012. According to the latest report by the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC)...