business

5件中 1~5件 (日付順)
ブックチャプター
SDGs白書2022 人新世の脅威に立ち向かう!所収
著者:
Arima
Toshio

 『SDGs白書2022 人新世の脅威に立ち向かう!』への寄稿記事であり、国内外におけるSDGs動向、日本企業の認知度と取り組み動向、今後の経営の方向性について記載。

キーワード:
コメンタリー

IGES研究員がニッキンONLINEで連載する「持続的な社会の実現に向けて金融機関が果たす役割」での記事でSDGsに関するキーワード解説を行いました(本記事はその後編)。

~イントロの抜粋~

前回のコラムでは、SDGsは私たちが望む社会への道標として策定された経緯と、金融機関を含む民間企業との関連ではSDGsが経営の全てにかかわることを紹介しました。
SDGsの進捗状況はどうなっているのでしょうか。国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)が2021年3月に発行した報告書では、コロナ・パンデミックの影響も踏まえて、このままのペースが続く場合、アジア太平洋地域では104の測定可能なSDGターゲットのうち、9つのターゲットしか2030年までに到達できないことを示しています。

...
キーワード:
コメンタリー

IGES研究員がニッキンONLINEで連載する「持続的な社会の実現に向けて金融機関が果たす役割」での記事でSDGsに関するキーワード解説を行いました(本記事はその前編)。

~イントロの抜粋~

SDGsという言葉は、今や日常生活で頻繁に目にするほど日本国内で広まってきました。SDGsが2030年までに達成を目指す17のゴールと169のターゲットで構成されていることを知っている方も多いのではないでしょうか。この記事ではSDGsへのより深い理解とSDGs実践のヒントとなるよう、次の点について前編・後編に分けて解説していきます。

記事全文は以下よりご覧ください(閲覧には会員登録が必要です)。

https://www.nikkinonline.com/article/42111...

キーワード:
コメンタリー
著者:
Uchida
Haruko

朝日新聞SDGs Action!への連載記事第三弾になります。

~イントロの抜粋~

前回の記事では、組織の規模によって進展速度が異なるものの、全体として企業や団体のSDGsの認知度は向上し、SDGsへの取り組みが広がっている段階にあることを紹介した。では、それらの取り組みは、SDGsの達成に求められるような変革に、真に貢献する水準に適合的といえるのだろうか。

SDGsの達成に向けた取り組みを着実なものとしていくうえで、SDGsの実施をモニタリングし、レビュー(評価)し、その結果に基づいて取り組みの改善を図るプロセスは世界では非常に重要と見なされている。

そこで、筆者らが所属する地球環境戦略研究機関(IGES)とグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ...

キーワード:
ブックチャプター
SDGs白書2020-2021 コロナ禍の先の世界を拓くSX戦略所収
著者:
Arima
Toshio

『SDGs白書2020-2021 コロナ禍の先の世界を拓くSX戦略』への寄稿記事であり、国内外における企業関連のSDGs動向、日本企業の認知度と取り組み動向、今後の課題と展望について記載。

キーワード: