GHG inventory

5件中 1~5件 (日付順)
コメンタリー
Carbon Brief
Our recent study, published in Climate Policy , explores 133 developing countries’ progress towards providing regular “greenhouse gas inventories” under the UN system between 1997 and 2019. Overall, we found that more than half of the world’s developing nations, including small-island states in the Pacific and the Caribbean and several African...
委託報告書
著者:
Sato
Atsushi
Amano
Masahiro
UNFCCCC の下、各国は定められた IPCC ガイドラインに則して温室効果ガス (GHG) インベントリを作成することとなっており、本サブテーマの目的は、他のサブテーマで得られる研究成果をこのガイドラインに基づき統合的に日本のインベントリに反映する方法を開発することである。また、土地利用変化に伴う土壌炭素量変化に関する報告強化の必要性が高い途上国( UNFCCC 附属書 I 国以外)を対象に、本課題の成果の応用を含めた対応策を提示する。主要先進国( UNFCCC 附属書 I 国)のインベントリの詳細な調査及び専門家へのヒアリング調査から、土壌炭素量変化に関する報告の課題は大きく①遷移期間、②算定・報告の区分、③開発地への転用に関する取扱いがあることが分かった...
ワーキングペーパー
著者:
Tzamtzis
Iordanis
Sato
Atsushi
Salvatore
Mirella
Bernoux
Martial
Amano
Masahiro
Despite the growing global support for capacity building to improve soil management, the estimation and reporting of greenhouse gas (GHG) emissions and removals, especially from mineral soils in national GHG inventories, is still very limited. In 2021, the Institute for Global Environmental Strategies (IGES) and FAO conducted a global survey to...
委託報告書
本業務では、GOSATデータを活用したCO2インベントリ比較・検証への被検証候補国の理解を深め、比較・検証に向けた協働体制の構築支援を目的として、被検証候補国の協働予定の研究機関や政府担当者、日本の環境省、外務省、国際協力機構(JICA)等を招聘しオンラインでラウンドテーブルを開催し、当該国における比較・検証の実現に向けた手法、更なる検討事項等をまとめた。なお、中央大学によって科学・技術的観点から、最適な被検証候補国は中央アジア諸国(カザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン)であることが特定され、各国の招聘機関・者は、中央大学、環境省、外務省、JICA、各国現地大使館の多大なるご協力のもと招聘するに至った。