UNFCCC

46件中 1~10件 (日付順)
テクニカルレポート
著者:
Chiarakorn
Siriluk
Danila
Ana-Maria
Deosaran
Ryan
Diouf
Madeleine Rose
Guimarães
Leticia
Ortega
Juan Luis Martin
Mertens
Esther
Lotfy
Noura Mohamed
Ngarize
Sekai
Salisbury
Emma
Sempos
Ioannis
Cianci
Virginia Sena
van der Eynden
Maarten
Zahar
Alexander

The summary reports present the results of the technical analysis of biennial update reports of Antigua and Barbuda, Uganda, and the Republic of Korea, conducted by a team of technical experts in accordance with the modalities and procedures contained in the annex to decision 20/CP.19. The author at IGES (Chisa Umemiya) served as one of the...

データ/ツール
著者:
LOUHISUO
Machiko

IGES CDM Investment Analysis Database aims to provide organised information that has been used for investment analysis to demonstrate the additionality of the project activities.The listed information helps users to search for specific information on each registered, rejected and withdrawn project more easily and it also enables them to use...

データ/ツール

IGES CDM Project Database aims at providing information to be utilized for research and analysis on the process of CDM project development, credit issuance, and the status of its procedures. The information of relevant items are extracted from the publicly available sources on the UNFCCC web-site. The UNFCCC Secretariat and IGES have signed a...

キーワード:
ファクトシート

日本政府は2015年、パリ協定が採択されたCOP21において、「美しい星への行動(ACE2.0)」を発表し、2020年までに気候変動に関する日本からの途上国支援を年間1.3兆円まで増やすことを約束した。これは国連気候変動枠組条約(UNFCCC)が目標とする、「2020年に先進国全体で年間1000億ドルの資金支援」へのコミットメントを示したものである。
昨年、目標最終年を迎えたものの、気候変動分野における日本から途上国への支援資金に関し、適応に特化した分析が十分に行われているとはいえない。そこで本稿では、UNFCCCが先進国(付属書I国)に提出を求めている隔年報告書から情報を抽出・分析し、日本から途上国へ提供されている気候変動適応分野の資金額、対象地域、対象分野等の概要とその変化を俯瞰した。...

ブリーフィングノート

2020年11月23日から12月4日にかけて国連気候変動条約(UNFCCC)主催のClimate Dialogue2020が開催された。通常であれば、毎年この時期にはUNFCCC締約国会議(COP)が開催されるが、新型コロナウイルスの影響で翌年に延期とになったため、交渉を含まない形で、モメンタムの維持のため、本会議が開催された。IGES適応チームでは、本会合に参加し、IISDのデイリーレポート 等を参考に、適応に関する議論について取りまとめた。

ブリーフィングノート

2020年11月23日から12月4日にかけて国連気候変動条約(UNFCCC)主催のClimate Dialogue2020が開催された。通常であれば、毎年この時期にはUNFCCC締約国会議(COP)が開催されるが、新型コロナウイルスの影響で翌年に延期とになったため、交渉を含まない形で、モメンタムの維持のため、本会議が開催された。IGES適応チームでは、本会合に参加し、IISDのデイリーレポート 等を参考に、適応に関する議論について取りまとめた。なお、本レポートは速報版であり、今後内容の変更・追記が予定されている点、ご了承いただきたい。
 

データ/ツール

IGES's GHG emissions database aims to compile the latest information on GHG and CO2 emissions, as reported annually by UNFCCC Annex I countries. The data covers the period from from 1990 up to two years before the submission date of the reports. This database also provides information on target compliance, in order to compare historical emission...

キーワード:
プレゼンテーション

The Durban Forum on capacity-building was established in 2011 under the SBI to further enhance the monitoring and review of the effectiveness of capacity-building under the Convention. This year's Forum tackled the issue of Capacity-building to support the Enhanced Transparency Framework – ensuring coherence and coordination of actions and support...

ワーキングペーパー

本稿は、2016年、国際民間航空機関(ICAO)の総会決議文書A39-3により創設された国際航空のためのカーボンオフセット及び削減スキーム(CORSIA)について、これまでのICAOにおける検討の経緯及び制度の概要について説明するとともに、UNFCCCとの関係性、とりわけパリ協定実施指針との関りを視野に、CORSIAの制度運用の在り方についても考察を行うことを目的とする。