Climate Action

4件中 1~4件 (日付順)
査読付論文
Sustainability所収
著者:
Salem
Janet
Lenzen
Manfred

Current commitments in nationally determined contributions (NDCs) are insufficient to remain within the 2-degree climate change limit agreed to in the Paris Agreement. The Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) states that lifestyle changes are now necessary to stay within the limit. We reviewed a range of NDCs and national climate change...

ブリーフィングノート

 2020年以降の気候変動対策を定めたパリ協定において 、適応は緩和に並ぶ気候変動対策の柱として位置づけられている。2021年11月に開催される国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)の議長国である英国は、適応分野への取組を重要課題として位置づけ、COP26を通じた適応の国際モメンタムをけん引している。本稿では、COP26における適応関連の議論のポイントを整理するとともに、英国政府が主導で推進する4つの適応に関連する国際イニシアティブについて解説し、国際的な適応の動きについて包括的な情報の整理を試みる。

Climate change adaptation is positioned as a pillar of the Paris Agreement along with...

ブリーフィングノート

国連気候変動枠組条約第 26 回締約国会議(COP26)が 11 月 1 日から 11 月 12 日までの日程で開催さ
れる。本稿では、世界的な関心の高まりから COP26 においても注目されている「自然を活用した解決
策(Nature-based Solutions: NbS)」についてその概要とポイントを説明していく。NbSの基礎情報と国際動向を伝え、COP26 における議論をよりよく理解していただくことを目的として執筆したものである。
 

他機関出版物の翻訳

森林に関するニューヨーク宣言(NYDF)の目標7は、「国際的に合意されたルールに則り、2度目標に適うべく、2020年以降の気候に関する世界的な合意の一部として、森林減少と森林劣化による排出量の削減を2015年に合意すること」である。国際的な気候アジェンダにおいて森林が極めて重要な役割を果たすということが、パリ協定に明記されたことで、森林に関するニューヨーク宣言(NYDF)の目標7は達成されたことになる。しかし、気候危機を緩和するためには森林が不可欠であるという国際的な認識にもかかわらず、世界中で森林減少と劣化が続いており、世界的に森林の保護、回復、持続可能な管理がかつてないほど急務となっている。そのため、NYDFアセスメントパートナーズは、世界の森林の保護、回復...