Kyoto Mechanism

14件中 1~10件 (日付順)
データ/ツール
'CDM in Charts' is a booklet with a good reputation for providing a plain and easy-to-understand description of the Clean Development Mechanism (CDM).Remarks:This book is published by IGES as part of New Market Mechanism Capacity Building under the Ministry of the Environment, Japan. Previous versions of this book are archived: http://pub.iges.or...
ワーキングペーパー
• 京都メカニズム第一約束期間(2008年~2012年)の間に、全ての附属書I国が他国から取得(償却及び繰越)した京都メカニズムクレジットはおよそ54億トンであった。そのうち、33%は実削減を伴わないプロジェクトからのクレジットであった。内訳として、ホットエアーAAUの取得が13%、追加的な排出削減に基づかないとみなされる(以下、追加性のない)ERUが13%、追加性のないCERが7%であった。実削減を伴わないクレジットの利用によって、温室効果ガス(GHG)削減活動が進まないばかりか、国内の排出量が増加してまった事例も見受けられた。 • 実削減を伴わないクレジットを排除する措置として、クレジットの需要側では、一部のプロジェクトタイプからのクレジット取得が制限され、クレジットの供給側では...
データ/ツール
"CDM in Charts" is a booklet with a good reputation for providing a plain and easy-to-understand description of the Clean Development Mechanism (CDM). * This page stores the archived PDF. For the latest version, please download from: http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=835Remarks:Update log: ver. 1.0 (Apr. 2007) ver. 1.1 (May...
ポリシーレポート
京都メカニズムに関する専門的な事項について、 チャート形式で分かりやすく説明することを目指したテキストブックです。 ※このページの資料はアーカイブです。最新版の図解京都メカニズムはこちらをご覧ください: http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=962 ver. 7.0 (Jul 2007) ver. 7.1 (Aug 2007) ver. 7.2 (Sep 2007) ver. 8.0 (Mar. 2008) ver. 9.0 (Aug. 2008) ver. 9.1 (Sep. 2008) ver. 10.0 (Feb. 2009) ver. 11.0 (Jul. 2009) ver. 12.0 (Jan. 2010)...
プロシーディングス
In accordance with the commitments pledged at Nairobi in 2005 (Nairobi Frame Work in 2006) and Copenhagen in 2009 to enhance distribution of CDM projects and capacity development at the regional and sub-regional levels, the Asian Development Bank (ADB) and the Institute for Global Environmental Strategies (IGES), with co-funding from the...
ポリシーブリーフ
The Kyoto Protocol, adopted in 1997, committed industrialised countries to accept legally-binding targets to reduce greenhouse gas (GHG) emissions collectively by an average of 5% below 1990 levels in the first commitment period from 2008 to 2012. According to the latest report by the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC)...
ポリシーブリーフ
1997年に採択された京都議定書は、先進工業各国毎に異なる温室効果ガスの排出抑制・削減義務を課し、第一約束期間中(2008〜12年)に先進工業国全体として温室効果ガスを1990年比で少なくとも5%削減することを目標として定めている。国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局が、2006年5月にとりまとめた京都議定書目標達成に向けた進捗状況に関する報告書(FCCC/SBI/2006/INF.2)によると、議定書批准先進工業諸国の2003年の総排出量は、経済移行国で経済活動が停滞したため、1990年比で6.2%減少し、先進工業諸国全体での削減目標については達成できそうな見通しである。他方で、各国の状況を個別に見てみると、日本やEUの一部の国は、目標達成が危うい状 況にある。...
ディスカッションペーパー
This paper examines the process to lead the adoption of the EU directive on establishing a scheme for greenhouse gas emission allowance trading within the Community, in order to identify the reasons for Germany to agree on the adoption, despite of the expected friction caused by the shift from its existing national measures, especially voluntary...