UNFCCC

9件中 1~9件 (日付順)
ブリーフィングノート
著者:

適応に関する世界全体の目標(Global Goal on Adaptation: GGA)とは、2015年に採択されたパリ協定において定められた気候変動適応に関するグローバルな目標であり、温暖化を2度未満に抑えるという目標(緩和目標)に並ぶ、パリ協定の支柱の一つである。2021年の国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)において併催されたパリ協定締約国会合(CMA3)では、GGAに関するさらなる協議のため、「GGAに関するグラスゴー・シャルムエルシェイク作業プログラム」(通称 GlaSS)の設置が合意された。GlaSSはその名の通り、英国・グラスゴーで開催されたCOP26とエジプト・シャルムエルシェイクで開催されるCOP27を繋ぐ2か年の作業プログラムであり、年に4回...

ブリーフィングノート

英国・グラスゴーで開催された国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)は、1日延長の上無事に合意文書を採択し、閉会した。英国は議長国として、気候変動の影響に対して脆弱な国々の適応とレジリエンス強化を優先課題の一つとして位置づけ、適応に関連する様々なイニシアティブを立ち上げてきたが、本会合においても適応に関わる議題が多く議論された。成果文書である「グラスゴー気候合意(Glasgow Climate Pact)」においては、途上国が気候変動に対する適応能力を高め、レジリエンスの強化と脆弱性の低減を実現するために、資金、能力強化、技術移転を含む行動と支援の規模を拡大することの緊急性が強調された。本稿では、COP26およびパリ協定第3回締約国会合(CMA3...

コメンタリー

This year's biggest climate change pilgrimage, the UNFCCC COP26 , concluded with several decisions, including the “Glasgow Climate Pact ”, and other announcements on the sidelines. These came after two weeks of long discussions and heated negotiations amid youth-led mass protests outside the COP venue. COP26 ended by disappointing those...

査読付論文
Sustainability所収
著者:
Salem
Janet
Lenzen
Manfred

Current commitments in nationally determined contributions (NDCs) are insufficient to remain within the 2-degree climate change limit agreed to in the Paris Agreement. The Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) states that lifestyle changes are now necessary to stay within the limit. We reviewed a range of NDCs and national climate change...

ブリーフィングノート

国連気候変動枠組条約第 26 回締約国会議(COP26)が 11 月 1 日から 11 月 12 日までの日程で開催さ
れる。本稿では、世界的な関心の高まりから COP26 においても注目されている「自然を活用した解決
策(Nature-based Solutions: NbS)」についてその概要とポイントを説明していく。NbSの基礎情報と国際動向を伝え、COP26 における議論をよりよく理解していただくことを目的として執筆したものである。
 

テクニカルレポート
著者:
ABDEL-AZIZ
Amr Osama
DANILA
Ana-Maria
FEYZIYEV
Toghrul
GLADE
Olia
KHALEEL
Zammath
KINYANJUI
Mwangi James
ORTEGA
Juan Luis Martin
OMAMBIA
Anne Nyatichi
SOOKUN
Anand
YU
Vicente Paolo

This summary report presents the results of the technical analysis of the third biennial update report of Malaysia, conducted by a team of technical experts in accordance with the modalities and procedures contained in the annex to decision 20/CP.19. The author at IGES (Chisa Umemiya) served as one of the co-leads.

キーワード:
テクニカルレポート
著者:
ABDEL-AZIZ
Amr Osama
DANILA
Ana-Maria
FEYZIYEV
Toghrul
GLADE
Olia
KHALEEL
Zammath
KINYANJUI
Mwangi James
ORTEGA
Juan Luis Martin
OMAMBIA
Anne Nyatichi
SOOKUN
Anand
YU
Vicente Paolo

This summary report presents the results of the technical analysis of the third biennial update report of Thailand, conducted by a team of technical experts in accordance with the modalities and procedures contained in the annex to decision 20/CP.19. The author at IGES (Chisa Umemiya) served as one of the co-leads.

キーワード:
テクニカルレポート
著者:
ABDEL-AZIZ
Amr Osama
DANILA
Ana-Maria
FEYZIYEV
Toghrul
GLADE
Olia
KHALEEL
Zammath
KINYANJUI
Mwangi James
ORTEGA
Juan Luis Martin
OMAMBIA
Anne Nyatichi
SOOKUN
Anand
YU
Vicente Paolo

This technical summary report presents the results of the technical analysis of biennial update reports of Zambia submitted in 2020, conducted by a team of technical experts in accordance with the modalities and procedures contained in the annex to decision 20/CP.19. The author at IGES (Chisa Umemiya) served as one of the co-leads.

キーワード:
ワーキングペーパー
著者:
Ikeda
Eri
Gukova
Veronika

Many developing countries consider that international support is vital for achieving their climate targets and accelerating actions, pledged in the so-called Nationally Determined Contributions (NDCs), under the Paris Agreement. Thus, understanding what kind of international support they need is crucial for ensuring the provision of adequate...