science and policy interface

2件中 1~2件 (日付順)
プレゼンテーション
GCPつくばセミナー

パリ協定のグローバル・ストックテイク(GST)の目的は、世界全体の進捗を5年ごとにストックテイクすることによって、次に各国が定める目標(NDC)の更新・強化に必要な情報を提供することである。本発表では、最新のGSTに関する国際動向を踏まえ、今後GSTがこの目的を達成するにはどうすれば良いか?について議論を深めることを目指す。IGESでは、UNFCCCの下、第1回GSTの国際プロセスに継続して参画すると共に、2022年からは海外機関と連携して東南アジア地域の非政府アクターのGSTへの参画を促す地域ハブ「the Independent Global Stocktake (iGST) Southeast Asia Hub」を運営する。

プロシーディングス
Science-Policy Dialogue for South-East Asia and North-East Asia on the IPBES Asia-Pacific Regional Assessment

A subregional biodiversity science-policy dialogue workshop for South-East Asia and North-East Asia was held at the Anantara Riverside Bangkok Resort, Bangkok, Thailand from 21-23 October 2019. The workshop formed part of the “Capacity Building Project for the Implementation of IPBES Asia-Pacific Regional Assessment”, funded by the Japan...