Policy Design

6件中 1~6件 (日付順)
査読付論文
Sustainability所収
著者:

Since 2015, the international policy community has started to agree on international agreements with ambitious middle-term and long-term goals, highly relevant to sustainable consumption and production (SCP) such as those seen in the Paris Agreement, SDGs, and the plastic-related agreements at the G7 and G20 processes. Along with this trend, there...

ブック
Sustainability
編者:
Tasaki
Tomohiro
Managi
Shunsuke

Under the era of Paris Agreement and SDGs, agenda for sustainability has shifted from regulation to designing fundamental changes in socio-technical system towards decarbonized and circular society. This shift would largely depend on taking advantage of emerging forces in socio-technical system. This includes new business models, drivers of wealth...

プレゼンテーション
環境研究総合推進費【S-16】 一般公開シンポジウム アフターコロナの持続可能な消費と生産形態の確保に向けて

COVID19を受けて、改めて持続可能な消費と生産形態に向けた社会モデル、新たなビジネスモデルの構築が急務となっている。こうした観点から、SCP政策の今後の方向性とそのための13のエントリーポイントを紹介すると同時に、SCPの社会実装へ向けた政策デザインのあり方について議論した。

プレゼンテーション
日本LCA学会テレカンファレンス企画セッション「持続可能な消費と生産パターン転換のための政策デザインとLCA」
著者:

近年,パリ協定の実施,ネット・ゼロを宣言する自治体の増加,SDGsをはじめ,環境資源制約を踏まえた目標ベースの取り組みが主流化している。環境負荷の低減と生活の質の両立を目指す概念である持続可能なライフスタイルへの転換に関し,近年は消費者行動に関する多様なデータが入手可能となってきており,これらと組み合わせたライフサイクル環境負荷や上流側の資源利用量を明らかにすることができるLCA研究(ここでは広く産業連関分析,マテリアルフロー分析等も含む広義の手法群)の重要性が増している。プラネタリ―バウンダリーや脱炭素といった目標に至るには,個別製品の改善に依存した対策には限界があり,リバウンド効果等も踏まえた生産消費システムの転換が必要とされる。一方,既存研究は...

レポートチャプター
Global Environment Outlook - GEO-6: Healthy Planet, Healthy People所収
著者:
Jacob
Klaus
Feldman
Pedro
Gonçalves
Leandra Regina
Hollway
James
Sewerin
Sebastian
Chenmin
He

The importance of good policy design cannot be overstressed.
Some common elements are:
i. setting a long-term vision and avoiding crisis-mode
policy decisions, through inclusive, participatory design
processes;
ii. establishing a baseline, quantified targets and milestones;
iii. conducting ex ante and ex post cost–benefit or costeffectiveness
analy...

プレゼンテーション
13th ASIA PACIFIC ROUNDTABLE FOR SUSTAINABLE CONSUMPTION AND PRODUCTION (APRSCP)

At 13th APRSCP meeting, S-16 research group organized a round table session titled "SCP Challenges and Opportunities from Four Perspectives – Resources, Lifecycle, Lifestyle, Sufficiency".
There, Hotta presented how SCP policy design will be changed systematically in the era of SDGs and Paris Agreement referring to Sufficiency Approach.

キーワード: