Sustainable Consumption and Production (SCP)

19件中 1~10件 (日付順)
ブックチャプター
Plastic Waste and Recycling Environmental Impact, Societal Issues, Prevention, and Solutions所収
Eight of the world's top 20 countries as sources of marine debris are from Asia—China, Indonesia, the Philippines, Vietnam, Sri Lanka, Thailand, Malaysia, and India (Jambeck et al., 2015). In other words, the Asia-Pacific region is now recognized as a hotspot of plastic pollution of the oceans. These countries are facing typical challenges...
その他アーティクル
MASHING UP所収
オンラインメディアで、女性から始めるダイバーシティをキーワードに、働き方やダイバーシティ、ジェンダー平等などを扱う記事などを載せているMASHING UPからの依頼に基づき、IGESでは、SDGs & Meという連載を展開しています。 本記事は、その一環として都市をテーマに、「一人ひとりが変わるとまちが良くなる。みんなでやるともっと良くなる」という切り口から個人がどう都市の持続可能性に貢献できるのか、取り上げました。
プレゼンテーション
日本LCA学会テレカンファレンス企画セッション「持続可能な消費と生産パターン転換のための政策デザインとLCA」
著者:
近年,パリ協定の実施,ネット・ゼロを宣言する自治体の増加,SDGsをはじめ,環境資源制約を踏まえた目標ベースの取り組みが主流化している。環境負荷の低減と生活の質の両立を目指す概念である持続可能なライフスタイルへの転換に関し,近年は消費者行動に関する多様なデータが入手可能となってきており,これらと組み合わせたライフサイクル環境負荷や上流側の資源利用量を明らかにすることができるLCA研究(ここでは広く産業連関分析,マテリアルフロー分析等も含む広義の手法群)の重要性が増している。プラネタリ―バウンダリーや脱炭素といった目標に至るには,個別製品の改善に依存した対策には限界があり,リバウンド効果等も踏まえた生産消費システムの転換が必要とされる。一方,既存研究は...
査読付論文
Resources, Conservation and Recycling 所収
著者:
Bunditsakulchai
Pongsun
Sasaki
So
In the course of implementing the Paris Agreement and the 2030 Sustainable Development Goals, policymakers, practitioners and academics have increasingly acknowledged the urgency of addressing the food waste (FW) issue in urban areas of developing economies. This paper selected Bangkok as a case study to evaluate options for preventing and reducing...
査読付論文
日本LCA学会誌所収
著者:
Kanie
Norichika
本解説では、持続可能な消費と生産(SCP)が、持続可能な開発目標(SDGs)時代の国際政策動向の中でどのように位置づけることができるかを論じる。特に、SDGs時代の政策目標は、環境汚染対策や製品・サービスレベルでの効率性の改善に限定されるものではなく、科学技術イノベーションと新たな社会モデル・ビジネスモデルの連携を目指すものであり、経済政策や社会政策の中に取り入れられてはじめて実現可能である。持続可能な消費と生産に代表されるSDGs時代に必要とされる政策アプローチは、社会技術システムの改革を目指すものである。そのため、脱炭素化、循環経済、地球1個分の暮らしといった中長期目標を前提にした自律分散協調型ガバナンスが重要となることを論じる。 This paper shows how...
査読付論文
日本LCA学会誌所収
本解説では、持続可能な消費と生産(SCP)が、持続可能な開発目標(SDGs)時代の国際政策動向の中で どのように位置づけることができるかを論じる。特に、SDGs 時代の政策目標は、環境汚染対策や製品・サービス レベルでの効率性の改善に限定されるものではなく、科学技術イノベーションと新たな社会モデル・ビジネスモデ ルの連携を目指すものであり、経済政策や社会政策の中に取り入れられてはじめて実現可能である。持続可能な消 費と生産に代表されるSDGs 時代に必要とされる政策アプローチは、社会技術システムの改革を目指すものである。 そのため、脱炭素化、循環経済、地球1 個分の暮らしといった中長期目標を前提にした自律分散協調型ガバナンス が重要となることを論じる。
プレゼンテーション
14th APRSCP 2018
著者:
Hirao
Masahiko
Tasaki
Tomohiro
Hotta presented about S-16 and APRSCP joint policy brief to contribute to the round table 4. Round Table 4 was organized in the following objectives. 1)To share challenges and opportunities of building networks and partnerships to encourage pooling of resources towards SCP policy and implementation 2)To discuss recommendations on how to form...
ポリシーレポート
著者:
Pierre
Fabienne
This report presents an overview of policies and initiatives related to sustainable consumption and production advanced by the governments of the African region. Although not pretending to present an exhaustive overview, the report was developed based on a broad literature review, including key reports produced by the UN Economic Commission for...
プロシーディングス
環境科学会
SDG12は、持続可能な消費と生産(SCP)に関わるゴールである。現在、SCPは大きく2つの政策領域にまたがる形で議論がされている。 1つ目の領域は、循環経済である。パリ協定を受けた次の大テーマの最有力候補が、資源効率性の向上であり、循環経済である。天然資源の利用をなるべく削減し、循環資源の利用拡大を目指すものであるが、同時に、サービス化、デジタル化、シェアリングなどの新たなビジネス動向を含む動きとなっている。従来の廃棄物リサイクル分野での議論を越えるものとなってきている。 2つ目の領域は、持続可能なライフスタイルとインフラへの移行である。これは、製品単位の省エネルギー、省資源化、消費者の意識向上だけでは、SCP形態への移行が困難であるとの認識から発している。
プレゼンテーション
Strengthening the Environmental Dimensions of the Sustainable Development Goals (SDGs)
This presentation provides background on SDG 12 (Responsible Consumption and Production), tracing its development through the 10 Year Framework of Programs (10YFP), through to the formal adoption of Agenda 2030. In so doing, it outlines challenges and opportunities for achieving the Goal, and includes case studies summarising good practices at the...