Finance

11件中 1~10件 (日付順)
委託報告書
急激に都市化する開発途上国の都市においては、経済成長を維持しながら快適で持続可能な都市環境を実現していくために、効率的な資源循環や省エネ施策を推進し、環境負荷を最小限に留める「低炭素でレジリエントな持続可能な社会」への移行が重要な課題となっている。昨今、様々な国際的な枠組において、都市・自治体を含む非国家主体の重要性が認識されてきている。本業務では、このような都市の重要性に鑑み、本邦自治体や企業が有する都市の環境改善ノウハウや技術等を開発途上国の都市の課題やニーズに合致した形で提供することにより、都市間連携の強化を図ることを目的に、自治体のニーズ等の調査、パイロット研修の実施や情報発信業務を行った。
ブックチャプター
Climate Change and Food Security in West Asia and North Africa所収
The West Asia and North African (WANA) countries are projected to undergo a range of climate change impacts that can put even greater pressure on the already over utilized water and land resources in the region calling for an urgent intervention for climate change risk reduction in these countries. Though WANA appears to be a rich region from the...
ポリシーレポート
著者:
Kato
Makoto
Mizutani
Yoshihiro
気候変動分野における次期枠組み交渉では、2007年に採択されたバリ行動計画を一里塚として議論が進められている。このバリ行動計画に基づく数ある交渉議題の中でも、条約締約国が掲げる温室効果ガスの排出削減目標および削減行動(緩和策)に対する透明性を確保することを目的とした測定・報告・検証(MRV)の構築と具体的な仕組みの設計が、主要交渉議題の一つと位置付けられてきた経緯がある。しかしながら、このMRVの概念が、これら条約締約国におけるGHG排出削減としての緩和の側面に対して適用されることのみならず、途上国締約国に対して供与される支援の側面についても同様に適用されることが共通認識となっていることはあまり知られていない。この途上国支援に対するMRVは...
プレゼンテーション
International Conference on Adaptation to Climate Change and Food Security in West Asia and North Africa
The West Asia and North African (WANA) countries are projected to undergo a range of climate change impacts that can put even greater pressure on the already over utilized water and land resources in the region calling for an urgent intervention for climate change risk reduction in these countries. Though WANA appears to be a rich region from the...
ポリシーレポート
著者:
Kato
Makoto
Mizutani
Yoshihiro
In the negotiations for the future climate change regime, the establishment of a measurement, reporting, and verification (MRV) structure aiming to secure transparency of the Parties’ reduction goals and reduction activities for greenhouse gas emissions is positioned as one of the major negotiation agendas. There is a common recognition that MRV...
ブリーフィングノート
This is a series of briefing notes summarising results from multi-stakeholder consultations on the post-2012 climate regime held in 2008. The brief note series present recommendations for the future climate regime on issuing considered important to the Asian Pacific Region, including sectoral approaches, adaptation, financial mechanisms, biofuels...