Clean Development Mechanism

3件中 1~3件 (日付順)
ワーキングペーパー
• 京都メカニズム第一約束期間(2008年~2012年)の間に、全ての附属書I国が他国から取得(償却及び繰越)した京都メカニズムクレジットはおよそ54億トンであった。そのうち、33%は実削減を伴わないプロジェクトからのクレジットであった。内訳として、ホットエアーAAUの取得が13%、追加的な排出削減に基づかないとみなされる(以下、追加性のない)ERUが13%、追加性のないCERが7%であった。実削減を伴わないクレジットの利用によって、温室効果ガス(GHG)削減活動が進まないばかりか、国内の排出量が増加してまった事例も見受けられた。 • 実削減を伴わないクレジットを排除する措置として、クレジットの需要側では、一部のプロジェクトタイプからのクレジット取得が制限され、クレジットの供給側では...
査読付論文
IRES Vol.6 No.1所収
著者:
Duan Maosheng
Erik Haites
China accounts for a significant share of global clean development mechanism (CDM) potential. So far, China has lagged behind other large developing countries, such as Brazil and India, in implementing a system for approval of CDM projects. But China now has the foundations for effective participation in the CDM. Eighteen projects had been approved...
査読付論文
IRES Vol.5 No.1所収
著者:
Ram M. Shrestha
This paper analyzes the role of some key technological options (i.e., fuel-switching and renewable energy technologies) available under the Clean Development Mechanism (CDM) for reducing greenhouse gas (GHG) emissions in the power sector of three Asian countries?Sri Lanka, Thailand, and Vietnam. A long-term electricity planning model is used with...