RIO+20

20件中 1~10件 (日付順)
イシューブリーフ
This brief, which addresses issues surrounding the Sustainable Development Goals (SDGs) proposed by Columbia, Guatemala, and Peru during the Rio+20 processes, aims to remind policymakers and other stakeholders of the importance of reaching a solid outcome at Rio+20, as well as for the future. It provides a summary of ongoing discussions and...
イシューブリーフ
The basic idea behind EPR is that: the burden of responsibility for the end-of-life treatment of products placed onto the market should be taken by the producers. EPR is usually conceived as a comprehensive policy package, combining various instruments to simultaneously achieve three distinct objectives: - Improved waste management and resource...
イシューブリーフ
As a contribution to the Rio+20 process this Issue Brief highlights resilience and sustainable development by drawing on the knowledge on natural hazards and disasters gained from governments, researchers and other stakeholders. The terms resilience, vulnerability and adaptive capacity are used daily, but take on specific definitions and functions...
ディスカッションペーパー
著者:
1992年の地球サミットから20年が経過し、いま新たにリオ+20として、持続可能な開発に関する大きな会議の機会が到来している。その準備プロセスでは、この期間における進捗の評価や現在急務の課題に加え、「持続可能な開発と貧困根絶の文脈でのグリーン経済」および「持続可能な開発のための制度的枠組」の2つが主要議題として挙げられ、議論されてきた。 本レポートは、この中のグリーン経済に着目し、その論点を整理する。まず第1章においては、これらの準備プロセスにおける議論を俯瞰するとともに、本会議事務局より発表されているリオ+20の成果文書のゼロドラフトの内容を紹介する。続く第2章では、G20諸国が本準備プロセスにおいてグリーン経済に対して述べた見解を、時系列順にまとめ、各国意見の一貫性や変化を捉える...
キーワード:
プレゼンテーション
プレゼンテーション
Roundtable on “Learning from emerging energy innovations in Asia with a focus on energy access and clean energy: Contributing to the discourse on an institutional framework for sustainable development”