Additionality

3件中 1~3件 (日付順)
ワーキングペーパー

• 京都メカニズム第一約束期間(2008年~2012年)の間に、全ての附属書I国が他国から取得(償却及び繰越)した京都メカニズムクレジットはおよそ54億トンであった。そのうち、33%は実削減を伴わないプロジェクトからのクレジットであった。内訳として、ホットエアーAAUの取得が13%、追加的な排出削減に基づかないとみなされる(以下、追加性のない)ERUが13%、追加性のないCERが7%であった。実削減を伴わないクレジットの利用によって、温室効果ガス(GHG)削減活動が進まないばかりか、国内の排出量が増加してまった事例も見受けられた。
• 実削減を伴わないクレジットを排除する措置として、クレジットの需要側では、一部のプロジェクトタイプからのクレジット取得が制限され、クレジットの供給側では...

ディスカッションペーパー

One of the key functions of the Green Climate Fund (GCF) will be to provide financial support for countries adapting to the adverse impacts of climate change. Yet designing a mechanism that can manage the wide range of cross-national adaption needs will be challenging. This paper draws upon experiences with relevant funding mechanisms—the...