プレスリリース

第2回シナリオとモデルに関するIPBESワークショップの開催について
(神奈川県葉山町湘南国際村、2016年11月15日-17日)

2016年11月4日

公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)は、IPBESシナリオ・モデル技術支援機関及び環境省とともに、「第2回シナリオとモデルに関するIPBESワークショップ」を2016年11月15日(火)-17日(木)に開催します。

本ワークショップには、各地域アセスメント、土地劣化及び再生に関するアセスメント、地球規模アセスメントの各評価報告書の執筆者のうち、主にシナリオ・モデルに関するアセスメントに関わる執筆者及び関連する専門家等が参加し、シナリオ・モデリングに関する知見の共有及び各領域間の横断的な連携を図ることにより、各評価報告書案の作成及び充実のための議論・意見交換を行います。

なお、第1回ワークショップは、本年(2016年)1月25日-27日に、オランダのビルトホーフェンにおいて開催されています。

また、本ワークショップは、日本政府が愛知目標等の達成等に資するため、生物多様性条約事務局に拠出した「日本生物多様性基金」の支援により開催されます。

【ワークショップ概要】
日 程 2016年11月15日(火)-17日(木)
主 催 公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)
IPBESシナリオ・モデル技術支援機関
共 催 環境省
協 力 IPBESアジア・オセアニア地域アセスメント技術支援機関
会 場 11月15日午前 湘南国際村センター (神奈川県葉山町)
11月15日午後、16日-17日終日 IGES葉山本部 (神奈川県葉山町)
参加者
(予定)
  • 各地域アセスメント第5章(世界4地域)、土地劣化及び再生に関するアセスメント第7章、及び地球規模アセスメント第4章及び第5章の執筆者
  • シナリオ・モデル及び関連分野の専門家、IPBES関係者等(想定参加者数70名程度)
使用言語 英語
主なテーマ:

完成した「生物多様性及び生態系サービスのシナリオとモデルの方法論に関するアセスメント」報告書の内容を踏まえながら、現在実施されているIPBESアセスメントのうち、シナリオ及びモデルに関する章に関わる執筆者等の参加を得て、以下に関する議論を行います。

  1. 地球規模アセスメントを除く各評価報告書の第一次ドラフトに基づき、主要な評価内容、並びに生物多様性及び生態系サービスの将来予測等に関する議論を行うこと。
  2. 各評価報告書における主要な評価内容について、その類似性と差異について分析・検討を行うこと。
  3. 第一次ドラフトの執筆過程で用いられた引用文献の集約、共有を行うこと。
  4. 各地域アセスメント、並びに土地劣化及び再生に関するアセスメントにおける、シナリオ・モデルに関係する評価報告書案の章について、それぞれ共通する事項を検討し、地球規模アセスメントへの貢献を図ること。
会議の取材について

初日(11月15日(火))冒頭部(8:30~10:50、湘南国際村センター)は取材が可能です。取材を御希望の方は、[1]氏名・ふりがな、[2]所属、[3]住所、[4]電話番号、[5]取材申込受付票の送付先(Eメールアドレス)、[6] テレビカメラによる撮影の有無、を明記の上、2016年11月8日(火)正午12時までに(必着)下記の取材申込先にEメールにてお申し込み下さい。

(取材申込先)
  • IGES東京事務所 担当:櫻井、市川
  • E-mail: cbdjf@iges.or.jp / Tel: 03-3595-1081

11月15日 公開部分プログラム(予定)
8:30 受付、開場
9:00 開会
挨拶(IGES、環境省、生物多様性条約事務局、IPBES事務局)
9:30 ワークショップの目的等(IPBESシナリオ・モデル技術支援機関)
10:00 「生物多様性及び生態系サービスのシナリオとモデルの方法論に関するアセスメント」評価報告書の概要(Simon Ferrier(オーストラリアCSIRO))
10:15 「第1回シナリオとモデルに関するIPBESワークショップ」の成果(IPBESシナリオ・モデル技術支援機関)
10:30 (グループ写真撮影後に公開部分終了)

(参考)

ページの先頭へ戻る